2008-08-30

イナイ×イナイ : 森博嗣

 S&Mシリーズ最初の2作しか読んだことないのに、Vシリーズ、Gシリーズは手に取ったことすらないのに・・・何か、たまたま目の前にあったので読んでみた。

 旧家の広大なお屋敷、当主の死、美貌の双子、地下牢に閉じ込めらていると噂される行方不明の長男、口のきけない下男、秘密の通路・・・まるっきり横溝な道具立て。密室での凄惨な事件に、学校サボリがちの芸大生と、仕事できそうなおネエさんのコンビが挑む。

 黒衣の美人・佐竹千鶴が「兄を探してほしい。」と椙田事務所を訪れるところから事件が始まる。森作品を読むときには、いやに身構えるクセがついてしまったんだが、この話では特に読者を悩ませたり、唸らせたりする会話も謎かけもなく、割とすんなりと事件は解決へ。このスピード解決は、一々その場その場に応じた疑問や可能性を提示し語ってくれる探偵役の芸大生・真鍋の力による所が大きいのだけど、椙田氏によると、そういうやり方をするのは、頭のバッファが足りない証拠なんだそうだ。

 おどろおどろしい道具立ての中での血なまぐさい事件・・・盲点になっていた事柄が明らかになって、するすると真相が明らかになっていく。確かに気持ちよく事件は解決するのだけど、何だか満足していないものを自分の中に感じて考える。

 そうか・・・、ドロドロが足りないんだ。

 この旧家の人たちの間に渦巻いていただろう思惑・軋轢、複雑にからむ人間関係、それぞれの心の中がいたってドライに扱われているところに、肩すかしをくらったような気分を味わう。私って、ミステリーを読む時は、そこに仕掛けられた知的なゲームを楽しみたいのではなく、事件の周辺の人たちが抱える事情を覗き見するという、お昼のワイドショー的下世話な興味を満たしたかったのだなと解ってちょっと愕然。

 結局、当事者の意図とか思惑は考慮されなくても、理屈と検証で事件は解決・理解されていくわけで・・・そのへんのモヤモヤ感も森ミステリの味わいか。それにしても、あまりにも佐竹家の人たちの心の内が読めないんで、私なんか“なんで千鶴は兄の捜索を頼んだんだろう?”と頭を抱えている始末。

 シリーズ第1作のため、登場人物顔見世~という観もあり。他シリーズとの人物のつながりもあるようだけど、他作品を読んでいない私にはよく解らん。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2008-08-27

スカイ・クロラ

「スカイ・クロラ」 監督:押井守

 視覚的なイメージにあふれた森博嗣の小説を、実際に目に見える映像にすることの功罪、それぞれにあったと思う。

 キルドレは、具体的な姿を持ったことで、随分とその性質が変わっているような気がする。キルドレ…大人にならず、永遠に子供のまま戦闘機に乗り空を飛び、殺しあいを続ける運命。小説での彼らは、自我を少しずつ手放して、どんどん軽く研ぎ澄まされていく存在で、そこからは善悪も、喜びや悲しみの感情も最小限に削ぎ落とされていたけれど、アニメ版の彼らはキルドレという自らの在り方に感情を揺らす。

 同じ姿、同じ癖を持ったまま、違う名前で繰り返しやって来るキルドレ…なんて、映像にしてしまうと「そのまんま」すぎて何だかなぁ…と思う場面もあったけど、映像で見る事で、改めて胸を突かれるところもある。

 カンナミが降り立つ基地の様子。ミートパイの美味しいドライブイン。偵察飛行で眼下に見る風景。大きな作戦の為、各基地から集結し空を埋め尽くす戦闘機、爆撃機。…あまりにも、小説を読んで頭に描いていた映像そのままで、何度か不思議なデジャヴュに襲われた。

 圧巻はやはり空中での戦闘シーン。文字で読むだけでは受取りきることができなかったキルドレの現実~彼らの日常として永遠に続く、空の上での殺しあい~が、文字で伝えられる分量を大きく超える情報量で流れ込んでくる。


 菊池凜子の、もったりした喋り方は、地上に落ちていきながらも、いつも飛ぶことを切望していた原作シリーズのクサナギのイメージに合わず、聞いててジリジリさせられたが、アニメ版のクサナギ~長く生きて、他人に干渉することを覚えたキルドレ~には似つかわしい声だったかもしれない。
 
FC2 Blog Ranking

theme : 映画感想
genre : 映画

2008-08-23

僕たちは池を食べた : 春日武彦

 糾える縄のような人間の存在。

 精神科医の奇想、悪意も秘めた思考・嗜好。

 いつ何時全く異なる様相を呈するかわからない精神を抱えた、人間の不安定さ。

 一つ一つの事象は至って日常的で生活感をも漂わせるものなのに、見る側、見られる側、何かを感受するもの、何かを発するもの~精神科医と患者とされる人物が接触したところに現れる、少し日常的でない何か。

 人の心を知るのは怖い。できるならここに書かれていたことは早く忘れてしまいたい。しかし、困ったことに、すんなり忘れるには異様すぎて・・・しばらくは落ち着かない思いをしそう。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2008-08-20

神々の流竄 : 梅原猛

 出雲神話の舞台は本当に出雲の地であったのか? 出雲は古き神々が流され葬られた「神々の流竄」の地ではないのか? 出雲神話は何を隠しているのか。

 記紀に語られる神話に疑いの目を持つことで見えてくる、古代における宗教的、政治的闘争の跡。用意周到に仕掛けられ隠されたある人物の意図。

 梅原氏はどのようにしてこの着想に到ったのだろうか? 自序には以下のような文がある。 

 私は、日本古代世界について、一人の好奇心にみちた旅人に過ぎなかった。 ~略~ 
 藤原不比等の霊は、たまたまそこに通りかかった、人間と世界にたいするあくことのない好奇心をもち、 ~略~ 孤独で自由な心情にあった私に、千何百年のあいだ隠していた秘密を、ひそかにもらしたように思われた。


 哲学者として、真実に到達するためのストイックで冷徹な態度を持つ梅原氏の文章は、時にとてもロマンティックだ。先に読んだ「隠された十字架―法隆寺論」では、翼を持ったようにのびやかに駆ける氏の想像力に心を掴まれた。

 しかし、この記紀についての論文ではそういう想像力の迸りはまだ陰をひそめているようだ。著者自ら大きな衝撃を受けたにちがいないこの仮説を世に問うため、ひたすらに自説の正当性を、そこに矛盾がないことを証明するため、たたきつけるように提示される証拠の品々。自らの仮説から研ぎ出されたピースが、明らかに一つの絵となっていく様を目の当たりにする興奮のままに筆を走らせたかのような荒削りな迫力。

 氏の論文の文芸的な美しさ、面白さに惹かれる者としては、少しこの論文は荒々しすぎる。しかし、後半、記紀撰修の頃の政治的情勢に着目しながら、記紀が秘める目的、役割をあぶりだしていくあたりで語られる、ダークな色彩を帯びた不比等の超人ぶりは、読み手を魅了するに充分。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2008-08-16

伊呂破丸―浪漫時代活劇傑作集 : 義澄了

 勤皇の志士たち、新撰組の面々、そして赤穂の浪士ら・・・歴史の中に、生きた跡を残した若者達の間に「あったかも知れない日々」。

 過去の時の中で大小さまざまな光を放つ星たちに想いを馳せ、彼らの輝きの時間を夢想する~ともすると、過度にセンチメンタルで、ウェットなファンタジー満ち満ちになってしまう、そういうコトを義澄了の勢いのある太めの描線は上手く中和してくれる。

 義澄了の愛情とペンによって、あまりに表情豊かに泣き、笑い、じゃれあい、飛び回る、歴史の中の若者たち。“後世の人間の感傷だよなぁ”って自覚しつつも、そんな日々が彼らの間にあったんだと信じたくなる ~ そういう気持ちにさせてくれる秀作。

FC2 Blog Ranking

theme : マンガ
genre : 本・雑誌

2008-08-13

赤江瀑の「平成」歌舞伎入門 : 赤江瀑

 伝統芸能の世界を舞台とした妖艶・絢爛たる作品を数々世に出しておられる赤江瀑氏が「平成」の歌舞伎を語る。

 群雄割拠で盛況を呈する「平成」歌舞伎の現状について、当代の人気・実力派俳優の持つ花について、それぞれの芸に触れながらの解説。そしてその中から、歌舞伎の世界の側、観客の側にひそむ問題・・・懸念の種を示唆する内容になっているが、全体的に歯切れの悪い印象が残る。歌舞伎というものがそもそも歯切れよく語れるものではないのかもしれないが・・・。

 赤江氏の情念的な文章が、新書の文字サイズ、ページレイアウトで配置されると、どこか色気と言葉のパワーを削がれてしまうように感じるのは気のせいだろうか? また、「入門書」という形で歌舞伎への入り口を読者に提示することへの疑問・抵抗を感じておれれるようにもお見受けする。「鑑賞教室」や「入門書」で入り口を示すことは、それぞれの体験・感性に従って無限にも拓かれるべき歌舞伎の楽しみ方、その世界へ踏み込んでいく道を狭めることになるとの思いが、赤江氏の筆を止めているのではないか?

 やはり、赤江氏が歌舞伎について何かを書くなら小説で、その複雑怪奇で、なかなか正体を現さないその芸能が持つ魔力、美しさ、怖ろしさを存分に描いていただくのが最上ではないか。入門書で示す道よりはるかに険しくも誘惑に満ちた妖しの道を示してくれるのに・・・。

 歌舞伎を語り始める導入部分で「野郎歌舞伎」と呼ばれた時代の歌舞伎に思いを馳せる赤江氏の言葉が感動的。歌舞伎の世界を見渡して解説する後の章の文章よりも、赤江氏の思い入れが一点濃く現れるこの件が、私を含め読者にとっては一番刺激的なのではないだろうか。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2008-08-09

怪しの世界 : 橋本治・夢枕獏・いとうせいこう他

 平成12年8月に国立劇場で行われた公演「新しい伝統芸能-怪しの世界」の台本を収録。

 薩摩琵琶  白鷺譚 上之巻「天守夫人」 下之巻「白峯」
  友吉鶴心 他/橋本治 作

 講談  ものいふ髑髏
  宝井馬琴/夢枕獏 作

 狂言  鏡冠者  野村萬斎 他/いとうせいこう 作

 
 伝統芸能において「新作」を試みることの意味、価値、面白さとは? 明快な答えの見つかりにくい、なかなか結果の出にくい、簡単には報われないことなのかもしれない。その「伝統芸能の新作」に、薩摩琵琶、講談、狂言の芸能者と、現代の人気作家が挑んだ。
  
 各台本の後には、それぞれの演者と作者による対談も収録されている。対談での言葉から察するに(というより、対談の言葉から察するまでもなく)、新作を手がけた作家は伝統芸能に対する愛も敬意も見識も十分にお持ちの、しかもとびぬけてクレバーな方々なのだ。そういう方々が書かれる「新作」なら、無用な懸念も猜疑心も持つことなく、全幅の信頼をもって身を委ねることができる気がする。

 演者と作者の対談部分では、それぞれが伝統芸能に関して持っている考えや想いやノウハウを確認しあうようなやり取りが見えて(その先に、次のステップへとつながっている道もうっすら見えるような気がする)、その刺激的な会話にワクワクするような興奮を覚えると同時に、この公演でのそれぞれの幸せな出会いに、清々しい余韻を感じることができる。

 
 巻頭には、橋本治氏による伝統芸能考「あるいは『風』について」が付されている。

 見る者・聴く者にとって伝統芸能とは、鑑賞し理解するものではなく、自然の中にあるときのように、一体化し、感じるもの。花や月を眺めるように、風を感じるように。

 そして、芸能者は月であり、花であり、風でなければいけない。自ら表現するものではなく、そこに在ることによって、見る者の中にある感情・感覚を呼び起こすものであること・・・それが芸能者の役目。このくだりは、いとうせいこう氏が何かの折に語っておられた「卑しくない表現」ということにも関わってくるのかな、と思う。

 短くて平易な文章で、日本人の身体感覚、感情の流れというものに沿って伝統芸能の見方を示してくれる橋本氏のこの伝統芸能考・・・ついつい、がさつな日常生活の中で忘れている自分の身体感覚をとりもどすためにも、折に触れて読み返したい文章だ。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2008-08-06

蘆屋家の崩壊 : 津原泰水

 三十路を過ぎて定職にも就かず、何やら酒の周辺をふらふらしている胡乱な男・猿渡は不思議を呼び込む人物らしい。猿渡の行くところ、決まって怪異が口をあけて待っている。

 猿渡と行動を共にする怪奇作家・・・長身を黒衣に包んだ通称「伯爵」 - 時に怪異の謎解き役となるこの人物・・・その風体は“いかにも”な感じがするが、意外にも飄々として軽やかなキャラクター。

 そんな迷コンビ・猿渡と「伯爵」が、行く先々で巻き込まれる世にも奇妙で怖ろしいお話七編。

 トンネル、狐、女、狛犬、甲羅に人の顔を持つ蟹、寄生する虫・・・日常といつの間にかすりかわり展開するホラーな世界は、そこに棲む人の念とからみあって生理的な怖ろしさをかき立てるのだが、その怪異にまみえる猿渡と「伯爵」のキャラクターが醸す可笑みが、どろどろとした怪奇な話に、軽やかでさらりとした感触を残す。

 怖ろしさと軽やかさの絶妙なバランスが、この作品の魅力の一つであろうと思われるが、都市伝説のようなもの、神話、伝承などを織り込んで構築された怪異の世界や、そこに「伯爵」のようなキャラクターをからませてきたことに、作者の技巧が臭う気がしないでもない。幻想・怪奇小説というよりも、「怪異の意匠をちりばめた、軽やかで洒落た知的ゲーム」と感じられてしまう。ちょっと、そのあたりの臭いが鼻について、心から楽しむことはできなかった。

 ・・・とはいっても、互いに無類の豆腐好きで、嬉々として全国豆腐食べ歩きの旅などしてしまう猿渡と「伯爵」のキャラクターが、この作品の味わいになっているのは確かで、この二人が小説界の名コンビの一つであるのは間違いないと思う。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2008-08-02

杉浦日向子の食・道・楽 : 杉浦日向子

 日向子さんが語る「食について」「酒について」「生について」。そこここに日向子さんの「わがまま」が見える。

 『私たちの世界は、個々の都合に、おかまいなしに刻まれる~』

 日向子さんの「わがまま」は、そんな世界の中で自分だけの時間を刻むためのこだわりか。

 愛用の酒器に小物を配して撮った写真がゆったりと刻む時間を感じさせてくれる。撮影余話に「時を知らせるものが好きで、時計もたくさん持っている。」という一文がある。そういえば、日頃、仕事や誰かとの約束で時間を気にすることはあるけど、自分一人の時にゆっくりと「時間」を意識したことが無いような気がする。

 日向子さんが自分の時を過ごす時に手にした酒器を見ていると、私も流れる時間を感じながら豊かに過ごすひとときを持ちたくなってくる。そんな時に、少しお酒を頂いてみるのもいいなぁ。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ