FC2ブログ
2007-10-27

福助さん : 荒俣宏

 デカ頭に福福しいお顔、裃姿の盛装で私達をお迎えしてくれる「福助」さん。昔ながらの食堂なんかでは時々見かけるけど、最近お目にかかる機会がぐんと減ったなぁ。荒俣氏は江戸中~後期から、「福を呼ぶ」と人々に喜ばれ愛された「福助さん」の由来・その姿に込められた意味・色々なバリエーションを易しく記し、再び私達の目をこの有難いキャラクターへと引き戻してくれます。

 「福助さん」といえば正面を向いて座布団の上のちょんと端座している姿がオーソドックスですが、バリエーションの中には額を床にすりつけるようにしてお辞儀(お詫び?)をしているものもあって、正面から見ると頭頂部しか見えないその姿、訳わかんないけどいじらしく愛しい。“もういいよ”とつい笑ってしまうな。

 時代が新しくなるに従って子供顔の「福助さん」が主流になってくるらしいけど、私は大店のご主人然とした立派な大人顔の「福助さん」が好き。

 図版も豊富で目にも楽しいこの本、色鮮やかな錦絵を見るとそれだけで非常にお目出度い気分が盛り上がります。

 「福助さん」を一人、自宅のどこかに飾る余裕があれば、何だか幸せな毎日が送れるような気がします。


 実は「福助さん」は勘違いで手にしてしまった一冊。本当はこちら↓『帯をとくフクスケ』を読む予定だったんです。まだ読んでいませんが。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ