FC2ブログ
2007-03-28

三四郎はそれから門を出た : 三浦しをん

 完全な活字中毒者だという三浦しをんさんによる、ブックガイド・カルチャーガイド・書物にまつわるエッセイの他、著者の日常や家族のことをユルい文章で綴ったあれこれが一冊にまとまっている。

 エッセイのネタのために、しをんさんは“どっこいしょ”とお出かけをしてみたり、普段はしない体験をしてみたりするのだが、彼女が起こすアクション・・・その行為の選択には、“あ、いいなぁ”とちょっとくすぐられる(そのあまり気合の入らないお出かけぶりがまた良い)。

 例えば、目白二丁目に中井英夫の「虚無への供物」の舞台なった「水沼邸」の面影を訪ねる・・・これなんて、私も上京の機会があればぜひやってみたい。

 他にも、本の中に出てくる、無性に美味しそうな食べ物を自分の手で作ってみるという試み・・・しをんさんは、「長くつ下のピッピ」が作った「しょうが入りクッキー」にチャレンジしているが、私はもっと安易に、スヌーピーやチャーリー・ブラウンがキャンプをするときに必ずやっている「焼きマシュマロ」を実践してみたことがある。小枝の先にマシュマロを刺して焚き火にかざして焼く。パリっこげた表面をカリっと噛むと、をとろりと溶けた熱々の甘~いものが口の中に広がって・・・ちょっとだけアメリカのキッズになれた気がした瞬間だった。

 
 ところで、三浦しをんさんの書くエッセイって概ね面白くて、好きなんだけど、ちょっと波があるなぁ~と思うこともある。

 プラス・マイナスどちらの方向に向かってであれ、熱く思いをたぎらせる事・モノについて彼女が語るとき、彼女の筆は暴走気味に文章をほとばしらせ、間の取りかたやちょっとした言葉の選択、表現のセンスが、ものすご~く私のツボを刺激してくれるのだが(本や漫画を“ふがふがと読む”なんて描写は彼女が使うからこそ味わいが深い。ああ、その鼻息の荒さ!!)、その一方で、“あれ? この言葉(事柄)は、まだそんなにしっかりと彼女の血肉に沁みていないんじゃないかなぁ?”って思わせるようなぎこちなさを、時々彼女の文章から感じることもある。このエッセイ集の中にもちょこちょこ見える『世界の美しさと残酷さ』『無機質なシステムに疲れきった臆病な心』『硬質な文章』『硬質な詩情』『寺山修司という魂が抱えていたさびしさ』・・・等々という言葉は後者の方・・・。そんな、数多ある書評に使われてるような言葉を、彼女に期待してるんじゃないんだけど・・・と、こっそり思ったりする。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ