FC2ブログ
2007-03-17

怖い絵 : 久世光彦

 「怖い絵」・・・文庫版の表紙にも使われている高島野十郎の蝋燭の灯りに照らされるように、作中にぼうっと浮かび上がるのは、ロシア正教のイコン、ビアズリーやモローのサロメ、竹中英太郎や伊藤彦造の挿絵、ベックリンの「死の島」、甲斐庄楠音の描く死臭を纏った女。

 それらの絵画は久世氏の体験・・・殊に終戦を挟んだ前後10年、つまり氏の幼少期~20代初めにかけての体験の中で出会い、記憶に深く埋め込まれたものたちだ。戦中、戦後まだ世間は混沌としていて、妙な明るさがあるかと思えば、一寸先の見えないような不安に満ちている・・・身の回りに死や「怖いもの」が沢山あったのだろう。そしてまた久世少年は「怖いもの」にひかれてしまう質だった。久世少年の怖い記憶にはどこか性的なもの、死を想わせるものが潜んでおり、そしてそういうものに惹かれる氏自身の罪悪感、羞恥がからみついている。

 そういう、目を背けたいが、目を覆った指の間から盗み見ずにはいられない後ろめたさ、じめじめした感情がからみついているからこそ、体験の中に埋め込まれた絵画たちは「怖い」。

 「怖い」という感情が育む豊かに暗い世界が垣間見える一冊。 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ