2006-11-29

解体屋外伝 : いとうせいこう

「暗示の外に出ろ。俺達には未来がある」

「危機の陥った時には、まず共通の場面意味(シナリオ)を外せ。物語にはまったら破滅する。」

「たった一つの真実という漢字に、馬鹿らしいほどたくさんのルビを振り続けよ!」


 時々、ふと思い出して読みたくなる小説。今回で再読3回目。

 前作「ワールズ・エンド・ガーデン」で登場した、洗脳外しの技術者『解体屋』をメインに据えた、活劇的な色の強い作品。「ワールズ・エンド~」は重く低く刻むベース音に時折うねるような旋律が絡まるように進む小説だったが、「解体屋~」はひたすら早いビートに乗って転がっていく。一歩踏み出したら止まらない。

 洗脳外しを生業とする『解体屋(デプログラマー)』が、本作では「ワールズ~」よりももっと組織化が進んだ形で登場し、『解体屋』に対する洗脳集団=『洗濯屋(ウォッシャー)』の存在も描かれている。いずれも自らの言葉で編み上げた世界を他人の脳に埋め込むのが仕事。

 かつて、敵対する『洗濯屋』との戦いに敗れ、言葉を奪われた解体屋・高沢秀人。その『解体屋』の『洗濯屋』へのおとしまえともいえる戦いとしてストーリーが展開する本作。登場人物の役割や配置には「ワールズ・エンド・ガーデン」と共通するものが見える・・・

 A 「私」というものを持たないが故に、他と共鳴しやすく、他を巻き込んでしまう存在(「ワールズ~」での預言者、本作でのノビル)

 B Aに依存し、または利用しようと集まってくる者達(サキミを中心としたグループ、ノビルの子供を名乗る集団)

 C 「私」を獲得、または回復するためAに対立する者(恭一、解体屋)

 D 街に侵入、占拠し、権力争いによって事態を混乱させる少年グループ


 前作「ワールズ・エンド・ガーデン」と共通する登場人物の役割・配置が見られる本作だが、スピーディーな展開、『解体屋』と『洗濯屋』の対決というわかりやすい構図、映画のグラフィックのような刺激的な視覚描写でより娯楽性の強い小説となっている。息つく間もなく入り乱れる敵・味方。混乱を切り裂く『解体屋』の活躍に目を奪われるが、転がり続けるストーリーの中では「何によって自分は自分であり得るのか」という問いがずっと発せられている。


 自分の言葉がすべて他人のテキストの羅列にすぎないとしたら・・・
 自分の行動がすべて暗示に縛られているものだとしたら・・・


 面白い小説なのだが、読むのも3回目となる今回はちょっとした違和感が頭をもたげる。

 『解体屋』対『洗濯屋』、『暗示』対『暗示』、『物語』対『物語』 ・・・対立の構造でストーリーはゴロゴロと転がっていく。でも、現実はそんな対立の構図で成り立ってるわけではない・・・よね?という違和感。「やっぱり小説の中だけの話か・・・」と思いかけた頃・・・その対立の構造もラストできっちり『解体』された。見事なオチ。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2006-11-25

迷宮百年の睡魔 : 森博嗣

 周囲との関係を絶ち、小さな社会を形づくる島の街イル・サン・ジャック。永くマスコミを拒絶してきた街の取材を許されたミチルは、王宮モン・ロゼでかつて訪れたルナティック・シティの女王デボウ・スホに生き写しの女王メグツシュカに逢う。

 やがて王宮内で僧侶の死体が発見される。死体には首が無かった・・・。

 「女王」シリーズと名がついたらしいシリーズ第二作。前作「女王の百年密室」は森氏の著作の中でも好きな作品です。

 首なし死体の謎を解くミステリの体裁をとってはいますが、このシリーズの焦点はストーリーを語ることよりもミチルというキャラクタを描くことに絞られたようで、ミステリとしての話の流れは二の次といった感があります。ストーリーはミチルという存在を描く為のシナリオと舞台装置であり、その傾向は前作よりかなり強くなっているようです。(森ミステリには多かれ少なかれそういった要素があるように思いますが、本シリーズではそれが顕著に出ているような・・・。)


 読み始めてすぐに、ミチルの印象が変わっているのを感じました。前作のラストでミチルの身体的な秘密が明かされたからでしょうか?

 前作では、常に全てがどこか他人事であるかのような、目の前の事象との距離感を言動に纏っていたミチル。あえて説明的な文章で語られはしなかったけれど、行間に表れているというか、発する言葉のセンス・行動の様子から、何か生の根本に関わるところに違和感・・・欠け落ちたものがあると感じさせていました。

 今作でのミチルはその違和感をすべて言葉で語ります。何と言うか・・・主観的で感情的で饒舌になったミチル。自分が感じる生への疑問についてよく語る。

「僕は・・・・・・、本当に、いるのだろうか?」

「躰なんてものがあるから、あんなに重かったのだ。
 ~単なる器。
 それがないと、自分が存在できないと、錯覚していた。
 そもそも、存在って何だ。
 ~躰のない、もう意識しかない僕を、誰が呼ぶ?
 僕を認識できるのは、僕だけ。」

「どちらが現実で、どちらが夢で
 そして僕は、そのどちらを現実にして、
 そのどちらを夢にしたいのだろうか?」


 このように言葉で語られると、読んでいるこちらはむしろその疑問から遠ざかってしまう気がするのですが・・・。

 このシリーズ、どのように続くのか・・・。


 ところで、

 最近、小説、コミック、アニメ・・・を見ていると、この迷宮シリーズの中心人物・ミチルのように、肉体と意識の分離を感じさせるキャラクターや描写にしばしば出会うようになりました。

 きちんと検証した訳ではないので、単に印象としての話ですが、私が学生だった頃読んだものの中では、“人はその肉体から逃れることはできない。肉体と精神が共にあって、一個の人間として存在する。”といった論調が多かったように思います。

 いつ頃から変化は起きていたのでしょう?

 臓器移植が可能になったり、人工の技術で体の機能を補うこともできる現在だけど、やはりミチルのように身体に(現代の技術から考えれば)特殊な事情をもっている人はまだいないんじゃないかと思う。それでも肉体とは分離した人格だけが存在するという錯覚は、だんだんと馴染みのある感覚として広がりつつあるのでしょうか?・・・実際のところどうなんでしょう?

 ミチルにシンパシーを感じる人っていうのはどういう感覚なんでしょう? 肉体から分離した意識というものを実感している人って本当にいるの? それともフィクションの世界の想像力の部分を楽しんでるの?

 どうもそのあたりがつかみ切れない私・・・不器用ですから。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2006-11-22

しゃばけ : 畠中恵

 面白い!という評判をよく目にするので読んでみました。

 廻船問屋長崎屋の一粒種、薬種問屋をまかされる若だんな一太郎はめっぽう体が弱く寝込んでばかり。店を仕切る有能な手代であり、一太郎の身の回りの世話係兼お目付け役でもある佐助と仁吉の正体は妖の犬神に白沢。

 無断外出した夜道で一太郎が襲われたのを皮切りに、薬種問屋の主人ばかりが襲われ殺される不可解な事件が続き、一太郎と妖たちが事件解決に乗り出す。

 江戸が舞台になっているけど、これは江戸時代の江戸の町というより、一つのファンタジーの舞台と思った方が良いのでしょうね。妖怪たちを従えた一太郎坊ちゃんの冒険と成長の物語です。

 屏風のぞき、鈴彦姫、獺、鳴家・・・一太郎のまわりにわらわらと湧き出し、場面を飾る妖たちは、愛嬌があるし、見てくれも華やかでいいですね。犬神の佐助は長身の力持ち、白沢の仁吉はたいそうな色男、その上、妖の格としてはかなり上の方らしい二人に煩いくらいにかしづかれる一太郎・・・ちょっとうらやましい。

 佐助、白沢が時々妖の本性を現す時、黒目が猫の瞳のようにすぅ~っと縦に細くなる。このシーン好き。ビジュアル的に見てみたい。だれか映像化して!

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2006-11-18

ジゴロ : 中山可穂

 新宿2丁目の路地に立ち、フラメンコギターを抱えて歌うストリート・ミュージシャンのカイは気ままに女を誘い恋をする。甘ったれで遊びなれてて、この上なく魅力的なカイをめぐる女、少女、トランスジェンダーの男たちの恋を綴る短編連作。やるせない、そしてちょっと怖い人妻の恋。青葉のような少女の恋。身の破滅も厭わない奈落への恋路・・・。

 カイには恋しくて愛しくて仕方の無い彼女がいる。でもワーカホリック気味の彼女とは話をする時間すらまともに作れない状況が続いている。放っておかれる寂しさに、彼女を恨んでしまわない為に、カイは色んな女と恋をする。一番大切な女を、常にベストの状態で愛していることができるように・・・。

 そういう恋の仕方ってどうなのか? っていうのは置いといて、たくさん恋ができる人のエネルギーには驚嘆する。たくさん人に求めることができて、たくさん人に奪われることができる・・・そんなエネルギーは私には無いなぁ・・・。

 これまで読んだ中山可穂の小説といえば、あまりに切実で胸に迫ってきて、読んでて滂沱の涙が・・・っていうのが多かったんだけど、この作品ではそういう重さはあまりなく、女の間を恋をして泳ぐジゴロ然としたカイの姿がヒラヒラと描かれます。それでも、背景になっている本命の彼女との激しく、切なく、どうしようもない運命の恋がちらちらと透けて見えて、少し怖くなる・・・というかはっと身体が硬くなる瞬間があります。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2006-11-15

美の死-僕の感傷的読書 : 久世光彦

 「熟れ過ぎて饐えた臭いを放ち始めた果実の甘さ」・・・こういう風に書くと“何、どっかで見たことある言葉を使って陳腐なこと言ってるんだ!”という声がどこか頭の上の方から聞えてくるのですが、久世光彦氏の作品を読むとどうしてもこんな言葉が思い浮かびます。・・・いや、違う。ちょっと違うなぁ、ああ・・・感じてることと、それを表す言葉が一致しない。もっとよく言葉を探さなきゃ。「西日がさす、空気のこもった部屋で凄いものを見ちゃってじっとりと汗ばむ感じ」・・・ちょっと近づいてきたかなぁ。久世氏の文章がというより、氏が題材に選ぶものがそういう「感じ」を放っているように思います。

 前置きが長くなりました。本書は久世光彦氏による書評や作家論を集めたもの。その書評というのがとても主観的で、作品の鑑賞というよりも、その作品に刺激される自分の感覚的なことが、あの独特の臭いのある文章で綴られています。書評集というより読書エッセイと言ったほうが良いか・・・。とにかく文章の端々から久世氏がその作品に“感じちゃってる”様が溢れ出していて・・・作品・作家についての考察、解説、あらすじ紹介といったスタンダードな作品ガイドとは全く違うアプローチで、それぞれの作品に興味を持たせてくれます。

 氏によると、少女小説家や童話作家の声は決して春の蝶々のようにきれいな声ではなく、掠れているのだという。その手や体はびっくりするくらいに温度がないのだと。こういう感覚を感じ取ることのできる人って羨ましい。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2006-11-11

サラサーテの盤 : 内田百けん

 外は暮れかかる夕刻、亡くなった友人、中砂の細君おふさが玄関先に立つ。やってくるのはいつも夕暮れの決まった時刻。陰気な様子で、夫の貸した品々を一つずつ取り立てるように、私の家の玄関先に立っている。
 
 久世光彦氏が、その訳の解らない恐ろしさを言葉を尽くして書かれていた内田百けんの「サラサーテの盤」。(久世光彦「美の死―ぼくの感傷的読書」に、「サラサーテの盤」について書かれたエッセイが収録されています。)

 その友人は貸したものを書き留めておくような几帳面さは無かったはずだが・・・。おふさは何処で調べたものか、ある時は字引を、本を、レコード盤をひとつずる取りに来る。

「夫が生前、こちらに預けているはずです。」

 いつも夕暮れの同じ時刻にぼんやりと玄関先に立つおふさに、「私」は何かしらぞっとしたものを感じる。おふさが言うには、その友人が貸したサラサーテ自らの演奏による「ツィゴイネルワイゼン」のレコード盤が私の家にあるらしい。そのレコード盤は録音時の事故でサラサーテの肉声が録音されているめずらしい品だという。

 夕暮れ時、玄関先にぼうっと立つのは生身の女・おふさだけど・・・どうして決まったように同じ時間に・・・、何を思って亡き夫の貸した品物を取り立てるように持っていくのか。

 サラサーテの盤に録音されているのは生きたサラサーテ自身の声だけど、録音されるはずの無い、録音されてはいけない声・・・そして今はもうこの世にいない人の声。

 逢魔が時に、見えないはずのもの・見てはいけないものにうっかり出会ってしまうんじゃないかというびくびくする感覚、そんな怖さを湛えた作品。

 手元に返ってきたサラサーテの盤を聴くおふさ、サラサーテの声に反応するかのような彼女の姿が読後感をざわざわとさせます。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2006-11-08

失はれる物語 : 乙一

 装丁の美しさが目を引いたので手にとってみました。

「Calling You」
 電話をかけてくれる人がいないから携帯電話を持たない女子高生。“携帯を持っている自分”をイメージしつづけるうちに頭の中にはくっきりと“私の携帯”が存在するようになり、ある日その携帯の呼び出し音が鳴る。

「失はれる物語」
 事故で右腕の肘から先の感覚以外すべて失った男。右腕だけの存在になってしまった彼のその皮膚の上で、妻はピアノを弾き音の無い音楽を奏でる。

「傷」
 僕の通う特殊学級に転校してきた僕と同じ11歳のアサトには他人の傷を自分の体に移動させてしまう不思議な力があった。

「手を握る泥棒の物語」
 泥棒をするために壁にあけた穴の中で掴んだのは“彼女”の手だった。

「しあわせは子猫のかたち」
 人とうまく話せない僕が一人暮らしを始めた家には、死んだはずの先住者と彼女の猫が住みついていて・・・

「マリアの指」
 電車に轢かれて死んだ鳴海マリア。僕は彼女の指をホルマリン漬けにして持っている。

 いきなり作品とは関係ない私事を書きますが・・・。中学から高校の頃にかけて、家に帰るのが嫌で軽く下校拒否をしていたことがあります。下校拒否になった理由は10代の時期にはありがちな、「親の干渉が鬱陶しい」ということで。

 私の母というのはある意味愛情深く、子供の先回りをしては危ないもの・有害なものを取り除き、進むべき道を整え、常に自分の力で子供を幸せにしてやろうと思っている人でした。でも、お察しの通りそういう類の愛情は子供にとっては無下に拒絶できないだけに重苦しいものです。その頃は「自分はいつも、母の『愛情』の名のもとに押し付けられる圧力に屈している」と自己嫌悪に陥り、「いつまでこの状況が続くんだろう?」と悶々としていました。

 「失はれる物語」に収録されている乙一さんの作品群を読んでいて、長いこと忘れていた、過去の不安で、不満で、今よりさらに未熟で、放課後の時間を学校でつぶしている自分の姿を“ああ、そんなこともあったなぁ”と思い出しました。

 自分の姿を作中の人物の誰かに重ねたというわけでは決してありません。作中の人物と私は似たところなど全くありませんから。ただ、作品を読んでいて昔味わっていた心のゆらぎを思い出しました。よくファンタジーなどに登場する、見る者の心にあるものが形となって映る鏡・・・それと同じような効果がある小説なのかな。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2006-11-03

物語消滅論―キャラクター化する「私」、イデオロギー化する「物語」 : 大塚英志

・前近代・近代・現代へと時代が変わる中での物語のあり方、その作者・読者のあり方の変容と、それに付随して「私」というものの認識・実現のされ方の変化。

・「物語」化が進んでいるかに見える現在の世界で危惧されるべきこと、また世界が「物語」化してしまうという事態に対処するためのいくつかの示唆。

 そういったことが大塚氏の視点で噛み砕いて書かれていたのですが、読んでる間中、私の頭は多分この本の主眼ではない“「私」って何だ?”ってところに行ってました。

 “「私」って何だ?” それって私の一番つっこまれたくないところなんですよね~。

 私がその問いに初めて直面させられたのは1980年代のことで、その頃のまわりではやたらと「社会の閉塞感」とか「アイデンティティ」とかいう言葉が使われていました(バブルに浮かれる前の話です)。学校の先生曰く「今の社会は閉塞感に満ちて、子供が将来に明確な希望を持ちにくい。それでもあなた方は確固としたアイデンティティを確立し、将来の展望をもって進んでいかなくてはいけない」。

 他人の価値基準に左右されない「自分」だとか、「達成したい目標」を持ってないのはダメ人間だ!と言われているみたいで怖かったので、とりあえず急拵えの「夢」とか「ビジョン」とかでお茶を濁してみたけど、数年も経たずして“そりゃ違うなぁ”と思うようになり、かといって他に“これが私の生きる道!”と言える様なものも見つからず、何となく“「私」って何だ?”っていう問題は棚上げしたまま?現在に至っています。

 「私」・・・「私」かぁ・・・ いとうせいこうの「ノーライフキング」で子供たちが『賢者の石』に封じ込めたもの「自分の物語」「自分の成分表」・・・ネットに漂う草薙素子・・・ そんなものがぐるぐるぐるぐる・・・

 今のところ、私にとっての「私」はここにある身体と、私の心と身体が好きだと思うこと・嫌いだと思うこと・・・それだけだとしか思えないのだけれど・・・。具体的な夢はないけれども、寿命のぎりぎりまで苦しまずに「好きなことだけして」生きていられたらそれが一番いいなぁ。(でも友人には“それが難しいんだよ”、と苦笑される。)

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ