FC2ブログ
2006-10-03

女王の百年密室 : 森博嗣

 本屋の平積みの中から、タイトルに惹かれてこの本を購入したのは3年ほど前のことで、その時は著者の森博嗣さんがたいそうな人気作家であることも、もの凄い勢いで作品を発表されていることも知りませんでした。

 美しい女王が統治する閉ざされた街に迎えられた僕=ミチルとパートナのロイディ。やがて「女王の塔」内の密室で王子が殺害され、ミチルは犯人を探し出そうとするが・・・。推理小説の体裁をとっているようですが、この小説の中で“推理”の部分は私にとってはあまり重要ではありませんでした。(おそらく他の多くの読者にとってもそうなのではないかと思えます。)

 その後、森博嗣氏の作品は「すべてがFになる」「冷たい密室と博士たち」「地球儀のスライス」「堕ちていく僕たち」を読んだのですが、その中には小説として好きになれるものはありませんでした。森作品は面倒くさい説明なしにある感覚を共有できる人たち、言い換えれば森氏が“わかる? あの感じ・・・”といえば、“ああ、あれね”とわかっちゃう素質を持った人に向けて書かれている、しかも森氏は意図的にそのようにされているのではないかと感じます。だから、わかる人は熱狂的にはまるし、それを感じられない人は疎外感と反感を持ってしまう場合もあるのではないでしょうか? ちなみに私自身は森博嗣作品の読者としては“選ばれなかった”方の部類だと思っています。

 そんな中でこの「女王の百年密室」だけはどうも気になる作品なのです。全編を通してどこか宙ぶらりんな・・・というか所在無い空気を持っていて、そのぽっかりと虚ろな感じが好きです。

 何か大きなものの欠落を感じさせる、物語の主体である僕=ミチル。ミチルのバックグラウンドが物語終盤まで明確にされないまま話が進んでいくことで、この所在無さはいよいよ強くなり、悟りでも諦念でもなく、埋められない違和感を抱えたまま“ぽん”と放り出されたようラストが忘れられません。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ