2017-05-27

風の如く 久坂玄瑞篇 : 富樫倫太郎

『風の如く 久坂玄瑞篇』 富樫倫太郎

 先日読んだ『風の如く 高杉晋作篇』の前にあたる作品。松陰の処刑後から蛤御門の変まで。「久坂篇」とはなっているが、前半はむしろ高杉晋作の言動の方が目立つし、久坂の目線、主観でストーリーがすすむわけではなく、シリーズを通して配された風倉平九郎という人物の目を通して語られる群像劇という趣。

 登場人物たちの心情にあまり踏み込まず、作者の解釈や思い入れをたっぷりと織り込むこともなく、淡々と起きた出来事と人々の行動を語る書きぶりは少し物足らないとも思えたが、そのさらりとしたところが嫌味のない読みやすさとなっているのかもしれない。よけいな味付けなしに素材を自分なりの楽しみ方で味わえる・・・という。

 しかし最後の「蛤御門の変」ではさすがに濃い色が滲みだす。周囲で繰り広げられる戦闘の銃撃、砲撃、剣戟、燃え盛る炎の音を背景に、戦には向かない玄瑞の人となり、それでも内裏に進撃し何かを成さねばと足掻く姿が鮮烈に描かれる。無惨な敗戦の中から生き残ろうと歯を食いしばる平九郎たちの志は「高杉晋作篇」へとつづく。

『風の如く 高杉晋作篇』・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-768.html



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 高杉晋作

2017-02-25

風の如く 高杉晋作篇 : 富樫倫太郎

『風の如く 高杉晋作篇』 富樫倫太郎

 梅の花が香るとやはり高杉晋作の面影がちらつく。「久しぶりに高杉晋作モノを読もうか」と思っていたところにちょうど目についたこの小説、読んでみたのだが・・・。

 あくまでもこれまで読んだことのある作品の中での話なのだけど、こと高杉晋作に関しては小説よりも評伝などを読む方がよほど面白いというのはどういう訳だろう。

 高杉晋作という複雑奇妙な人物をじっくり見つめ描き出した司馬遼太郎の『世に棲む日日』や、晋作に近しかった人物たちに追憶という形で語らせ、晋作と妻マサの絆を浮かび上がらせた竹田真砂子の『三千世界の烏を殺し―高杉晋作と妻政子』など魅力的な小説もあったが、中には夭逝した天才的革命児のストーリーとして単純化されすぎて「味気ない」と感じてしまう小説もある。

 その一方で評伝にはハズレがないというか、そこに記された晋作の長くはない一生は「小説より奇」なることの連続だし、遺された日記や手紙は、折り目正しいかと思えば破れかぶれ、激情家かと思えば非常にはにかみ屋の気遣い屋、面倒くさいが猛烈に愛しい晋作の人物像を妄想させてくれるのである。

 本作は四国連合艦隊との講和から功山寺決起~四境戦争の勝利までをコンパクトに描く。圧倒的に不利な状況をくつがえし連戦連勝の神がかり的活躍をみせながら身体は病に蝕まれていく晋作の悲壮な姿、そこに滲む誰とも分かちえない孤独は切ないが、「評伝には及ばない」という類かもしれない。

 とはいえ、同シリーズの『吉田松陰篇』『久坂玄瑞篇』も読んでみようかなという気にはなっている。

【過去記事】
『三千世界の烏を殺し-高杉晋作と妻政子』http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-439.html

『世に棲む日日』http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-629.html




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 高杉晋作

2015-04-25

高杉晋作の「革命日記」 : 一坂太郎

『高杉晋作の「革命日記」』 一坂太郎

 高杉晋作が残した六つの日記~海軍修行のため軍艦丙辰丸に乗って江戸に向かう航海日記『東帆録』、文武修行のため江戸から北関東、信濃、北陸をめぐった『試撃行日譜』、世子小姓役を命じられての勤務日誌『せつ御日誌』『初番手行日誌』、上海視察の記録『遊清五録』、脱藩の罪で投ぜられた野山獄での獄中記『投獄文記』~を現代語訳で紹介。序章として「高杉晋作小伝」と巻末に略年譜が付されていて、それぞれの日記が書かれた時の晋作の置かれた状況や心情を思いやる助けとなる。

 これまで、高杉晋作の評伝などを読んで、「何しろまぁ、日記の続かない人だなぁ・・・」と思っていた。その日記の続かなさっぷりも高杉晋作という人の一端を感じさせるようで面白くもあった。熱しやすく冷めやすい激情型という面もあったのかもしれないけど、きっと晋作は嗅覚の鋭い人で、続けて意味のあることと無いことの見切りがスッパリとしていたんだろうなぁ。

 嗅覚の鋭さといえば、たった二月ほどの上海滞在で日本の置かれている危うい状況を理解した晋作の感覚のキレも並大抵じゃない。初めて訪れた外国での二ヶ月なんて、ぽやっとした人だったら物珍しさと戸惑いとわけのわからん興奮と体調不良だけで過ぎちゃうくらいの時間じゃないか? きっと。

 自分のこれまでの行動と千々に乱れる思いをひたすら反芻し内省し自らの忠誠心を研ぎ澄まそうとしているかのような『投獄文記』も凄まじいけれど、読んで「なんかいいな」と思うのは、著者も「もっとも好き」という世子小姓役としての萩での勤務日誌『せつ御日誌』だ。

 御殿での作法を習い、細々とした儀礼をこなし、親戚づきあいも密で家族思いな晋作の折り目正しい勤務ぶりを読んでいると、改めて「晋作っていいとこの孝行息子だったんだよな」と思う。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 高杉晋作

2015-04-18

高杉晋作の手紙 : 一坂太郎

『高杉晋作の手紙』 一坂太郎

 晋作の遺した書簡の中から『晋作の生涯を語るさい避けて通れない手紙、人柄をよく伝える手紙、時代を象徴する手紙など』百通を収録。多少読みやすく整理はされているのでしょうが、返り点が振られているだけで書き下し文にはなっていないので、高校時代の漢文の授業を思い出しながら四苦八苦して読む。現代語訳もついていないので、読めない部分は適当に想像で補いながら読み飛ばすしかないのだが、なまじ現代語に訳してあるよりも晋作の生に近い言葉を読んでいる気になれて良い。

 晋作の評伝や小説の中で目にしてきた『僕一つ之愚父を持ち居』『拙者は御割拠も真之御割拠が得意也~うはの進発は聞も腹が立なり』の一文を、書簡の中で晋作自身の言葉として読む生々しさ。『弟事は死でも乍恐天満宮の如く相成、赤間関之鎮守と相成候志に御座候』~死を覚悟して書いたのであろう大庭伝七宛ての手紙の鬼気迫る感じ。死んだら墓前に芸妓を集め三絃でも鳴らしてくれという軽口がまた何とも涙ぐましくて。

 認められているのはいつも忠義のこと。ころころと変わる藩の態度に幾度も辛酸を嘗め、命の危険にさらされてまでも変わらなかった藩と、藩主・世子両殿への忠誠心は健気というか可憐というか・・・

 自負心の強そうな晋作のこと、久坂玄瑞などにはライバル心剥き出しな言葉を書き送ってりしているのではないかと思っていたが、自己主張はするものの、同志を敬い、立て、自身はずいぶん遜っている様子。武士のマナーとしてそのようにしているのかもしれないが。

 著者の言うように桂小五郎にあてた手紙などは甘えているとも思えるようなフシが見て取れる。誤解されることの多かったであろう晋作だが、これと思う人物には自分を認めてほしいという気持ちも強かったのかもしれない。根本のところではけっこうな甘えったれだったのかもしれないなぁと思う。

 そう思ってみると、妻マサに宛てた手紙で繰り返し武士の妻としてのありようを説いているのも、何も堅苦しい訓戒ではなくて、自分の誇りを託せる妻への信頼と愛情の言葉であると同時に、自分のことを理解してほしい、自分の思うような妻であってほしいという甘えであるような気もして・・・。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 高杉晋作

2015-02-21

梅の花咲く―決断の人・高杉晋作 : 田中秀征

『梅の花咲く―決断の人・高杉晋作』 田中秀征

 梅の咲く季節になりました。まだ厳しい寒さの中、他に先駆けて芳しく凛と咲き、暖かな春を待たずに散る~高杉晋作が好んだという梅の花は、彼自身のイメージにぴったりとはまる。タイトル買いしたこの小説、タイトル通りの芳しい梅の香りを期待したのだが・・・。

 とにかく読みやすい。滑るようにすらすらと読める。読んでいて爽快でもある。作者は本職の小説家ではないとのことだけど、とても文章の上手い方なんだと思う。ただ、小説としては「無臭」だった。読んでいて気持ちが波立つような「匂い」がない。味気ないともいう。

 長州の藩論を一転させた「功山寺決起」から討幕へと向かう藩体制づくり、そして第二次征長軍を迎え撃っての「四境戦争」~高杉晋作が為した大きな歴史的事業を通して、時代を読み、的確に舵をきる「指導者」としての高杉晋作が描かれる。確かにこの時期、指導者として晋作が為したこと、下した決断は後の歴史に大きな意義を持ったのだけども・・・。

 高杉晋作の人物像が「指導者」「政治家」という側面からしかとらえられていなくて、「鼻輪のない離れ牛」という評判さえ「独立の気概」といった指導者の資質としてのみ解釈されてしまっては、あまりに色気がない。「無頼」「暴狂」「狂暴頑愚」そんな無茶苦茶、やぶれかぶれの中に鮮やかに遺した新しい時代への事跡、妻や愛人に時折見せるデリカシーが、晋作の何ともたまらんところであるのに・・・。

 作中、野村望東尼の平尾山荘に匿われて過ごした数日が後の晋作にとって意義の多いものとして書かれている。平尾といば、ちょいと行ける場所でもあるので、一度行ってみなくてはと思っているのだけど、晋作の辞世を台無しにしてしまった(と思う)野村望東のことが好きになれなくて、なかなか足が向かない。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 高杉晋作

2013-07-27

世に棲む日日 : 司馬遼太郎

『世に棲む日日』 司馬遼太郎

 特に歴史小説好きでも、幕末好きというわけでもないのだけど、時々、幕末ものが読みたくなるのは、一つには10代の頃に読んだ『龍飛騰』『伊呂破丸』など、義澄了のマンガの影響があるのだろうなぁ。彼女の描く歴史の中の若者たちが、あまりに騒々しく、生き生きと駆け回っていたものだから・・・


 「長州の人間のことを書きたいと思う。」で始まるこの小説・・・松陰吉田寅次郎の尋常でない無邪気さ、明るさが印象的だ。幕末の長州に生まれた奇男子・吉田松陰の生涯と、彼の思想を受け継いだ若者たちが為したことは、これまで何となく目や耳にして知っていたことと大きく変わりはないのだけど、作者の慧眼によってあぶり出され、刻まれる一言によって、ひとつの物事に込められた質量、重力がズシリとその大きさ、密度、重みを増すように感じられる。

 思想とは本来、人間が考え出した最大の虚構―――大うそであろう。


 その「虚構」というべき自らの思想を論理化し、現実に実在するものとして昇華させるためだけに、彼の知力、行動力、生活のすべてが純粋に純粋に研ぎ澄まされ、その「虚構」の内に注ぎこまれていたのだとしたら・・・松陰の思念の強さはもちろん、その幼いまでの無邪気ささえそら恐ろしく思えてしまう。

 また、高杉晋作が口にしたという「赤根ごとき大島の土百姓に何がわかる!」という言ってはいけない一言の痛々しさが、こんなにヒリヒリと感じられるのも、高杉晋作という奇妙で複雑な男を知ろうとする作者の視線 ~ 誰にも増して長州藩と毛利家というものを愛し、強い忠誠心を持っていながら、同時に、長州藩を革命の劫火の中でつぶしてしまうこともやむなしという理論に立ち至っていた晋作の姿を見ていた作者の目のおかげ。その痛みは、晋作の『思想的激痛』であると作者は言う。


 この小説、中村橋之助の吉田松陰、野村萬斎の高杉晋作でドラマ化(『蒼天の夢~松陰と晋作・新世紀への挑戦』)されているのだそうだ(残念ながら観たことはない)。この小説に描かれる松陰の奇妙な無邪気さ、明るさに(無邪気さが過ぎて悲愴なところも)橋之助さんはぴったりかもしれない。






FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2013-06-01

夢魂独り飛ぶ―小説高杉晋作 : 古川薫

『夢魂独り飛ぶ―小説高杉晋作』 古川薫

 維新の成った後、松下村塾時代の師・富永有隣、同志・堀真五郎、白石正一郎、伊藤博文、愛妾であった梅処尼が晋作の思い出話を語る短編連作。

 小説を読む前に高杉晋作の生涯をおさらいしておこうと思って、先に同じ著者による評伝『高杉晋作―青年志士の生涯と実像』を読んだのだけど、これはちょっと裏目に出たかも。何か、書いてあることほぼ同じなんだもん。

 『高杉晋作―青年志士の生涯と実像』の方では、晋作の遺した足跡や言葉から、激情のままに走るかにみえて多くの局面ではあえて動かなかったその胸の内や、思いも行動も完全には誰とも共にすることがなかった晋作の孤独を読み取るなど、小説的な要素が感じられた一方で、こちらの小説は、先の評伝で書かれていた内容を、晋作と同時代の人たちを語り手にしてなぞっているだけで、物語的な肉付けとかふくらみがあまり感じられない。評伝の方では、あまり感情的にのめりこみすぎないよう、意識的に同郷の晋作との距離をとりつつ執筆したと、あとがきに記されていたが、この小説についても、何だか人物への没入が感じられず、各思い出を語る人物、語られる晋作の人間味というか、キャラクターも何か薄い。同じものを2回読んじゃったみたいで、ちょっと損をした気分。

 同じく、亡き高杉の姿を関係者たちが偲び、語るという形の短編連作に、竹田真砂子の『三千世界の烏を殺し―高杉晋作と妻政子』というのがあるが、あれは・・・なんかもう、たまらなく切なかったなぁ。


『三千世界の烏を殺し―高杉晋作と妻政子』感想
 http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-439.html

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 高杉晋作

2013-05-25

高杉晋作―青年志士の生涯と実像 : 古川薫

『高杉晋作―青年志士の生涯と実像』 古川薫

 最初は別に何とも思っていなかったはずなのだが・・・気が付くと、時々夢に出てくる程度に好きになっていた高杉晋作。

 江戸、京都、上海、長崎と駆け回り、爆ぜるような高杉晋作の生涯とその行動については、他の評伝でもすでに読んだことのあるとおり。ただ、本書では、関門海峡での外国船への砲撃や、池田屋事件、蛤御門の変など長州藩が関わった大きな事件のいくつかに彼が“不在”であったことが強調されている。

 高杉晋作といえば「暴発」というイメージがあるけれど、著者は、晋作がある場面ではあえて動かず「拙劣な死」を避け生き延びた男であることを繰り返し語る。自分が動くべき場面を冷静に見極める目が、為すべきことを為すときまで彼を生き延びさせ、動くべき時には素早く決断を下す胆力が、藩論を一転させた功山寺挙兵や四境戦争での奮戦といった偉業を彼に為させたのだと。

 偶々(?)獄中にいた等の事の成り行きもあるが、『拙者は御割拠も真の御割拠が得意也。進発も真の進発が得意也。ウハ(表面的な)の割拠不得意なり。』という言葉からは、ただ「暴発」していたのではない晋作の姿もうかがえ、彼が目指したことが何だったのか、もっと詳しく知りたくなる。
 

 ところで、晋作の妻マサについて、恋人であるおうのに注がれた愛情にくらべ、晋作のマサへの接し方はどこか堅苦しくぎこちないものだと著者は見ているようなのだが、・・・晋作はマサのことも妻として大切に大切に思っていたのだと思いたい。革命的な考えを持ち、過激に行動しながら、武士であることにこだわりつづけた晋作にとって、家を預けたマサは大切な女性だったと思うのだ。マサにあてた少し説教めいた手紙には、年若い妻への晋作の精一杯の気遣いと愛情が感じられる・・・と思うのだが。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 高杉晋作

2010-09-08

三千世界の烏を殺し―高杉晋作と妻政子 : 竹田真砂子

 高杉晋作とその妻お政 ~ 一つ家に暮らす時間こそ、ほんの僅かしか与えられなかったけれども、彼らなりの形で、細やかで固い絆を結んでいたこの夫婦への著者の静かな感動が込められた、手向けの花のような物語。

 逃亡中の高杉を匿い最期を看取った野村望東尼、愛妾うの、高杉らの為に尽力した下関の商人白石正一郎、木戸孝允夫人松子、伊藤博文、そして晋作と政子自身 ~ 七人の男女が語る言葉の中から、時代の風雲の中に生きた者の心持ち、そして晋作、政子の姿がそっと浮かび上がってくる。

 高杉の評伝(海原徹『高杉晋作―動けば雷電のごとく』)の中で、晋作から政子やうのへ宛てた手紙が一部紹介されていたのだが・・・ その文面に綴られた、優しさと愛情、細やかな気配りの滲む言葉、そこに漂う、精一杯気張った男の可愛さと純粋さには、「この、どこかはにかみすら感じられる愛情深い手紙を、あの“動けば雷電の如く”忙しい過激な爆裂男・高杉晋作が書いたのか!」と、女心がぐらぐらする思いがしたことであるよ。

 “木戸を支えた女”であることをガッツリ鼻にかけてる松子夫人、謙遜を装いながら、維新の志士たちと交流し、志を語り合った自分も大した女であるということをチラチラとアピールする望東尼、晋作と命がけの逃避行を共にしたうの ~ 彼女たちにくらべて、あくまでもひっそりとした政子の姿。

 滅茶苦茶すぎる言動の一方で、武士であることを背負い続けた晋作。武士の妻であることを守り通した政子。妻として晋作を愛し、彼に代わって家と家族に尽くした政子と、政子が大切で大切で仕方のない晋作。政子が大切なあまり、どうして良いか分からず奇矯な振る舞いに出てしまう晋作の姿が切なくて、身をしぼられるような思いがする。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 高杉晋作

2010-09-04

高杉晋作―動けば雷電のごとく : 海原徹

 涼しくなったら、下関・長府あたりを旅してこようかと思っているのである。


 「(番人は)抜刀した晋作の剣幕に驚いて逃走」
 「怒った晋作が突然刀を抜き~云々」
 「あっという間に刀を振り回していた」
 「怒り狂った晋作は ~略~ そのまま脱藩」
 「鼻輪のない離れ牛」「暴発」「暴走」「無頼」「暴狂」「狂暴頑愚」「傍若無人」

 ・・・こんなんばっかりで、ちょっと笑ってしまう。高杉の近くにいた友人・知人・同志たちの証言、高杉自身の自己反省、高杉を評する著者の言葉ですけどね。

 以前読んだ幕末4コマ『サカモト』に登場する高杉のキャラ ~負けず嫌いでナルシスト。常に額に青筋を立て、事あるごとに目を吊り上げ刀を振り回し、そこいら中に火を放つ ~が、ギャグ漫画的デフォルメというよりも、むしろ真実!とまで思えてくる。


 これだ!と思ったら飛びつくのも早いが、ダメだ!と思ったら見切るのも早い。何せ飽きっぽくて日記が続かない(熱望した軍艦に乗組んでの江戸への航海日記も、一念発起したらしい諸国遊学の旅日記も半ばで放棄している模様)。“雷電の如き”行動力は凄まじいが、ヤバいとなったら逃げ足も速い。

 長州から江戸、京都、上海、四国、長崎・・・目まぐるしく駆け回る高杉の生涯は、早回しにしたフィルムのようで、そのスピードについていけない者の目には狂躁的とも見えてしまう・・・二十七年余の奇才の一生。

 ところで、妻や愛人には、本心からの気遣いなのかリップサービスのつもりなのか、細やかな情愛の感じられる言葉を手紙に書き送ったりしている。「狂暴頑愚傍若無人」という男が、一方で女性に対するそんなデリカシーを持っていたと思うと、俄かに・・・こう・・・ 何だ、晋作フェロモンにやられた感じで・・・ゾクゾクしますな。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 高杉晋作

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ