2017-11-18

アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風 : 神林長平

『アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風』 神林長平

 正体不明の敵・ジャムの大規模な攻撃により文字通りの「混沌」と化した世界。その中にあって人間は・・・。

 登場人物たちの一人称による哲学的思考の記述が大半を占める。混沌の中から自らの世界を掬い上げる言葉。自分と世界を回復するための戦い。

 困難で苛酷な戦いなんだけど、その戦いの中、戦闘機・雪風に手を引かれて人として生きていく術を身につけていく深井零大尉の姿は少し微笑ましくもあってな~




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2017-11-04

グッドラック-戦闘妖精・雪風 : 神林長平

『グッドラック-戦闘妖精・雪風』 神林長平

 ある日突然、地球に侵攻してきた正体不明の敵・ジャム。その意図はおろか実体の有無さえ不確かな敵を相手に異星の戦場で戦う地球防衛の実戦組織・FAFの中にあって、戦場の情報収集を任務とする深井零は、仲間を見殺しにしても情報を持ち帰るという使命を負い、愛機・雪風とともに戦場を飛ぶ。

 他の人間に関しては無関心を貫き、戦闘機である雪風との全き一体感の中に自分の居場所を見出していた~謂わば幼児的な充足感の中に閉じこもっていた深井零中尉(本作では大尉)は、前作ラストで極限状態の中、自分を置き去りにして飛び去っていく雪風の姿を見た。雪風からの手酷い拒絶。

 自分の半身のように思っていた雪風が実は自分とは違う意志を持つ「他者」であったという現実をつきつけられた零は否応なく「他者」のいる現実の中に引き出され、かつて自分の一部だと思っていた雪風とも「意志を持つ戦闘機」と「それに乗る人間」として関係を再構築していくことになるのだが・・・。

 混迷の度を深め激化していく戦いの中で、雪風が零を唯一無二の相手として認め、求めるありさまは、あまりに甘やかな零の夢・願望でもあるような気がして、「まさかこの話、『すべては深井大尉の夢(または精神世界)の中の出来事』っていうオチになるんじゃ・・・」っていう思いがよぎる。まさかそんなことはないと思うけど。

 読み切れないジャムの意図、独自の意識を形成するコンピュータ群の意志、人間たちの思惑が交錯する本作ラスト、登場人物の口から「愛」という言葉が出た。茶化すわけではないけど、この作者が書く「愛」って何だか「水戸黄門の印籠」的だなって・・・。理屈や説明ぬきで信じることができるものっていうか・・・。これまで神林作品は他に二作しか読んでいないんだけども、そのどちらにも直接的な言葉として、あるいは間接的に感じさせるものとして「愛」が登場していて、「作者は『愛』というものにとても大きな信頼と希望を寄せているのだなぁ・・・」と思うわけです。

 しかし、戦いはこれからさらに苛酷なものとなっていく様子。はたしてそこに「愛」はありつづけるのか。


『戦闘妖精・雪風(改)』感想・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-766.html


 

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2017-01-28

戦闘妖精・雪風(改) : 神林長平

『戦闘妖精・雪風(改)』 : 神林長平

 森博嗣の『スカイ・クロラ』シリーズを読んだときに、なんだかセットのようにそのタイトルを目にすることが多かった『戦闘妖精・雪風』。気になっていた作品をやっと読むことができた。

 本当に「敵」なのかどうかすら定かでない正体の曖昧な「敵」と闘うため戦闘機と一体になって飛ぶものたちの物語・・・という点は確かに『スカイ・クロラ』シリーズと共通しているけれども、理解されることを拒み、空を飛ぶこと以外のものを削ぎ落とし、どんどん軽く、純粋に研ぎ澄まされていくかのような〝大人にならず永遠を生きるキルドレ(子供)”と、雪風のパイロットである深井零中尉の在り方は随分違う。深井中尉は自分の孤独をぴったりと埋めてくれるもの、魂の片割れを人間ではなく戦闘機に見出したというだけで、その存在はとても人間的だ。人間相手では自分の孤独は満たされないのだとダダをこねつづけているようにも見える深井中尉はある意味大人になれない永遠の子供だともいえるが。

 計算能力や運動能力だけでなく知性や感情、勘といったものまで、あらゆるスペックにおいて機械が人間を上回るようになったとき、人間性や人間そのものの存在意義はどこにあるのか。人間よりも機械とのコミュニケーションの方が得意で心地よいと感じる人間はザラにいる。

 物語を読んでいる最中も、作中のジャーナリスト・リン・ジャクスン女史のように言葉のすべてに自分の感情をのせてくるような人間よりも、理性的で合理的な機械の方がクールでいいと思う瞬間がある。まぁ、ここで言ってる「理性的」とか「合理的」ってのは人間である私が思う「理性的」や「合理的」であって、機械にとっての「理性的」「合理的」はまたまったく様相が違うのかもしれないけど・・・。

 機械との共存なくしては社会がなりたたない、人間の肩代わりを機械が人間以上にやってのけるという状況を人間自身が作り出している中で、それが意味のあることなのかどうかはわからないが・・・「人間という存在を思うことができるのは人間だけだ」と物語は訴えかけてくるようだ。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2013-06-22

完璧な涙 : 神林長平

『完璧な涙』 神林長平

 喜び、悲しみ、怒り・・・一切の感情を知らない少年・本海宥現(もとみひろみ)。長い彷徨の果てに流れる一筋の「完璧な涙」。


 かつての文明がすべて砂の海に没した後・・・地球を覆った広大な砂漠に点在する街は、「銀妖子」と呼ばれる正体不明の存在(街の住人達はそれを街を守る妖精と認識している)によって維持・管理されていた。「銀妖子」に守られた街で生きていることへの違和感を感じつづけ、また「感情」を理解しないが故に家族の中で孤立していた宥現は、街を出てひとり砂漠へと旅立つ。
 
 砂漠に埋まった遺跡から掘り出された黒く巨大な戦車の形をしたマシン。自分の脅威となるものを徹底的に攻撃し、破壊するようプログラムされたそのマシンは、宥現を脅威となる目標と定め、襲い掛かる。突然現れた圧倒的な破壊の力にさらされながら、宥現は砂漠で出会った女・魔姫と共に終わりの見えない逃走・闘争へとまきこまれる。


 「現実」とは無数の「過去」と無数の「未来」の接点に現れる無数の「現在」のひとつでしかない。「過去」と「未来」が浸食しあい「時間」と「現実」がゆれ動く世界で、どこまでも自分を追ってくる黒い戦車の気配を感じながら、次々と現れる奇妙な街(そのありさまは少年の不安定な内面世界のようでもある)~いくつもの「ここではない何処か」を彷徨う宥現。 

 以前読んだ『猶予(いざよい)の月』にも感じたのだが、これはSF的世界に場をかりた「自分探し」もしくは「通過儀礼」の物語か。

 全てが幻のように感じられる世界の中で、自分の命を狙い追ってくる黒い戦車だけが、唯一自分に感じられる現実だと思う宥現と、自らの探索能力の限りを尽くして、時間も空間も混沌とした世界の中から宥現の存在を探し当て、その標的が何者であるのかを知ろうとするマシン。何よりも恐ろしいものでありながら、何よりも強く求めあう・・・生き残るために互いを滅しようとしながら、分裂した半身のように強烈に引き合う二者。

 「自分に脅威をもたらすものに報復し破壊する」マシン・・・その不気味なまでに完璧な能力。圧倒的な恐怖そのものであるような黒い戦車が、その完璧さゆえに、敵が何者であるのか、そしてその敵に狙われる自分は何者であるのかという疑問に行き着く様は何か切ない。

 宥現の眼前に迫る黒い戦車。宥現は自分を脅かしつづけたものの名を呼ぶ。そこには「愛」が介在する。

 『猶予(いざよい)の月』にもたしか『時間も空間も消滅した世界に残るものが愛かもしれない』という登場人物の台詞があったが、作者は「愛」というものにとても大きな信頼と希望を寄せているのだなぁ・・・と思う。
 
 なぜ宥現があれほどに魔姫に惹かれ必要とするのか、ストーリーを追う中ではどうしてもピンとこなかったのだが(そもそも魔姫に関しては100年以上生きている女であるという以外、細かな人物描写がない。彼女はとても曖昧な女である。)、つまりは彼女が「愛」そのものであったからという・・・そういうことなのか。・・・で「愛」って一体何だろう?


 『猶予(いざよい)の月』感想…http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-563.html




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2012-04-28

猶予(いざよい)の月 : 神林長平

『猶予(いざよい)の月』 神林長平

 『事実は理論によって創られる』・・・そう考える衛星カミスの住人・カミス人は惑星リンボスを実験場として、そこにひとつの世界~彼らの理論実験の結果である事象を生み出している。惑星リンボス上の生物、そこで起こる事象のすべては、カミス人の言葉=理論によって記述されたものである。

 姉弟でありながら互いに恋をするカミス人の理論士イシスと詩人アシリス。カミスでは許されない姉弟の恋を、正当なものとして実現させる事象を求め、イシスは自分と弟アシリスを惑星リンボス上に存在させる理論計画を実行する。イシスが実行した理論計画は、天才的な理論士にして犯罪者バールの理論に影響を及ぼし、リンボス上に「時間」の無い事象面と数名のカミス人~イシス、アシリス、バール、治安士スローン、理論士セラフ、カミスの理論を管理する管理機構の指令ダゴム~を出現させる。

 無数の“有りうべき「事実」”が、選択可能な「事象」として存在する時間の無い世界=猶予の時。登場人物たちが意識的に、あるいは無意識に行う事象の選択によって、次々に書き替えられる「事実」。

 カミス人の言葉=理論によって生まれた存在であるはずのリンボス人たちは、自分たちの存在する“記述された”世界の秘密を知ろうと自律的に動き始め、詩人が夢想した物語までもが一つの現実として存在を始める。「理論」と「行動」と「想像力」が拮抗し、それぞれが自分にとっての事実を見つけ固定しようとせめぎ合う。

 時間の無い世界で無数に選択される“有りうべき「事実」”~これは「自分探し」の物語というわけなのか。タイトルに「猶予」という言葉が使われていることで、“ん?”とは思っていたけれど。

 時間の無い世界では、あらゆる「事象」が選択可能である一方、矛盾する選択や、選択し、行動し、想像する意志の弱さは、「事象」の消滅をも招く。昔読んだファンタジーなどで味わった「無」の恐怖~自分をここまで連れてきてくれた物語の登場人物たちが、過去に存在した事実も含めて消滅してしまうことへの恐れと、その恐れに重ねられた自分自身の存在への不安~を思い出し、味わいながら読み進める。でも・・・『時間も空間も消滅した世界に残るものが愛かもしれない』という、ある登場人物の言葉には、ちょっと面喰った。


 

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ