2017-12-16

仮名手本忠臣蔵を読む : 服部幸雄 編

『仮名手本忠臣蔵を読む (歴史と古典)』 服部幸雄 編

 籠城か、殉死か、仇討か・・・。殿中での刃傷事件により主君は切腹、お家は断絶。今後の出方を決めるべく城内で開かれる評定の場でのドラマは、急進派の面々となかなか本心を明かさない大石内蔵助、また別の思惑を抱くものたちの駆け引きがスリリングな「忠臣蔵」序盤の名場面だが・・・

 城開け渡しのドラマは「忠臣蔵」の世界でオリジナルに発生したものではなく、幕府に対して籠城し抵抗する姿勢を示した後、しかるべき手順を踏んで開城というフォーマットは、安芸福島家の改易の際の対応をはじめとして他の大名家改易の際にもみられる一種の作法として、当時の武家社会にすでに用意されていたという。

 言われてみればさもありなんという納得の事柄なのだが、「忠臣蔵」の美しいドラマに夢中になるあまりすっかり盲点となって気づかなかった事実。

 赤穂事件の約半世紀後に生まれ現代にいたるまで親しまれている『仮名手本忠臣蔵』と、その他「忠臣蔵」を題材とした作品をそれぞれの時代や社会との関係の中で読む。

 「することなすこと、いすかの嘴ほど違うというも・・・」皮肉な運命に翻弄される若者の苦悩を描いた並木宗輔の心性。『仮名手本忠臣蔵』の世界を相対化、あるいは反転させてみせた四世鶴屋南北の時代性とその手腕。「忠臣蔵」に自分のための、あるいは時代を映した物語を託した作者たちの息づかいも生々しい。

 史実と虚構をないまぜにし、さまざまに派生、分裂、変貌、増殖する作品で人の心を惹きつけながら江戸時代から今日までひろがりつづけている巨大な「忠臣蔵」沼のありさまを窺う助けとなる論考集。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2017-12-09

江戸川柳で読む忠臣蔵 : 阿部達二

『江戸川柳で読む忠臣蔵』 阿部達二

 十二月、「忠臣蔵」の季節でございます。

 「忠臣蔵」ものの決定版といえる『仮名手本忠臣蔵』各段ごとに概容と名場面を解説しつつ、それぞれの場面をよみこんだ江戸川柳を紹介するという形式は、『仮名手本~』を通しできちんと観たことがない私にはわかりやすい親切設計。さらに、史実としての「赤穂事件」や『仮名手本~』がその世界を借りた『太平記』の記述への言及、「赤穂事件」「忠臣蔵」をもとにした文楽・歌舞伎以外の文芸や雑学的な事柄の紹介、『仮名手本~』に隠されたメッセージの考察など、コンパクトな中に硬軟あわせて様々な情報をバランスよく収めた内容は、さらに広く深い「忠臣蔵」の世界への興味にもつながる良書だと思う。

 本書を読むと『仮名手本忠臣蔵』の全十一段、川柳によまれていない場面はないんじゃないかと思えるほどで、江戸の人々がすみからすみまで「忠臣蔵」をしゃぶりつくすように楽しんだ様がうかがえる。しかし、私にとって感慨深いのは江戸の川柳よりも、↓のような昭和ネタ。

「刃傷松の廊下」という艶歌がある。(中略)おじさんたちはOLに後からしっかりと抱きつかせ、「放して下され、梶川殿」と絶叫するのである。

(NHK大河ドラマ「赤穂浪士」での)長谷川一夫(大石内蔵助)の同志への呼びかけ「おのおの方」は一世を風靡し、会社、学校はじめ人の集まる場では必ず使われた。

 リアルで体験したことはないけど、昭和生まれの私には容易に情景が想像できる。「ああ、いい時代だなぁ~」なんて、しみじみ、ニヤニヤしてしまう。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2016-12-14

忠臣蔵 もう一つの歴史感覚 : 渡辺保

『忠臣蔵 もう一つの歴史感覚』 渡辺保

「忠臣蔵」はなぜこれほどうけるのか。「忠臣蔵」をつくったのは本当はだれなのか。
 
 歴史的事実と人々の幻想が綯交ぜになって生まれた「忠臣蔵」という物語そのものを狂言回し的な位置に配して、そこに関わった人々の姿、生き様、そこで起こった出来事をたどり、その深層を見つめる。

 武家社会での出来事に「金」と「恋」という市井の感覚を持ち込んで忠臣蔵の基となる芝居を作劇した吾妻三八。歴史上の大石内蔵助を芝居の大星由良之助へとつくりかえ完成させていった宗十郎、菊五郎、九代目團十郎の芸と精神。おかるを演じてその恋を体現し自らも恋に生きた中村松江。竹田出雲ら竹田一族がからくりの技術を通して得た世界観とドラマづくりのシステム。元禄十四年三月十四日、元禄十五年十二月十四日、元禄十六年二月四日、それぞれの日に現実の世界で起きた出来事。

 ひとつひとつが「忠臣蔵」をめぐって息づく小宇宙。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2015-12-14

その日の吉良上野介 : 池宮彰一郎

『その日の吉良上野介』 池宮彰一郎

 元禄十五年十二月十四日、赤穂浪士の吉良邸討入り。「その日」をめぐる忠臣蔵異聞五篇。

 主君の切腹、藩の廃絶という凶事に見舞われ、吉良、上杉に猛然と襲いかかった内蔵助がもはや問うことのなかった内匠頭刃傷の理由。理不尽な暴力にさらされながら上野介が自問するその理由。別れの茶会のための道具を吟味しながら、ふと脳裡をよぎる、あの日、浅野内匠頭が差し出した逸品・交趾の大亀。勅使饗応の忙しさに紛れて、解かれることのなかった誤解。微かすぎて正すまでもなく放置された行き違い。・・・「その日の吉良上野介」

 昨年読んだ『四十七人の刺客』を含めての感想だけど・・・大石内蔵助があまりに冷徹、非情。己の大望のために他人の命まで使い捨てにしようとしている自分を、作中で内蔵助自身「悪人だ」と自嘲している風でもあるが、自己中心的といおうか、理不尽といおうか・・・それでいて、まぎれもない大物、そして同時にただの一人の男、凡夫なんである。

 「なんか嫌だ、この内蔵助。なんか怖い、この四十七士。」と思いながらも、どっかかすかに魅せられている部分がある。吉良、上杉を追い詰めるべく大石内蔵助が打つ巧緻で非情な策にも似た、作者の厳しい筆致にじわじわと退路を断たれ、息をつめて読んでいる。

『四十七人の刺客』感想・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-701.html

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2014-12-13

四十七人の刺客 : 池宮彰一郎

『四十七人の刺客』 池宮彰一郎

 「侍は戦士である。戦士の本分は戦いに勝つことにあり、常に戦場に身を置く心構えと、非常に備える構えを持たなければならない。」~侍の生き方を自らに問い、平時より非常時にそなえ一人ひそかに策を行い続けた大石内蔵助。もしも赤穂に何事も起こらなければ、大石の生涯は昼に灯した行燈の火のままで終わったのかもしれないが・・・。

 主君の切腹、御家断絶・・・赤穂藩に降ってわいた凶事に、吉良・上杉・柳沢を敵と見定めた大石が猛然と牙を剥く。

 赤穂浪士の吉良邸討入りを、「忠義」とか「大義」とかいう大時代なものを一切取り払って、純粋な戦争として描いた小説。大石が次々と打つ冷徹で非情な策が、武の名門・上杉家を追い詰める。

 大石が率いる浪士たちについても、涙をさそうちょっといい人情話なんてのはなく、皆、クールな戦士である。ただ、その戦士たちが、「侍の一分」といいながら、つまるところ「ただ生きるのではなく、よく生きる」「爪痕を残す」なんていう個人としての自己実現への欲求を口にするのが、私の個人的な好みからすると、ちょっと気持ち悪い。己を捨てて何かに殉じるという従来の「忠臣蔵」の美学とは対極にあるものを描こうとしたのだろうということはわかるのだけど・・・。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2014-12-06

これが本当の「忠臣蔵」~赤穂浪士討ち入り事件の真相 : 山本博文

『これが本当の「忠臣蔵」 赤穂浪士討ち入り事件の真相』 山本博文

 赤穂浪士の吉良邸討入り事件を、残された史料~当時の調書、関係者たちの覚書、手紙などを参照しながら読み解いていく。

 自分で古文書が読めるわけではないので、史料の選択も、解釈も著者の考えをまるっと受け入れるしかないのがもどかしいといえば、もどかしい。浅野内匠頭正室・瑶泉院の用人・落合与左衛門による『江赤見聞記』をはじめ様々な史料がひかれているが、新書ということもあって、その内容はかなり噛み砕いて紹介されているので、原史料から感じられるであろう武士の社会のしかつめらしさが味わえない。

 とはいえ、史実としての赤穂事件のあらましを一通り頭に入れるという意味では、読みやすくわかりやすい。

 著者が数々の史料から読みだしたのは、赤穂事件を貫く「大義」と「武士の一分」という価値観、「大義」と「武士の一分」を貫くため、討入りの日を期して一途に行動した浪士たちの姿。筆頭家老として、まずは家名の存続を、その望みが絶たれた後は公儀の片手落ちの裁定の是非を問う行動に出た大石内蔵助の「大義」。主君をむざむざ切腹させたまま生き延びては・・・と、命よりも「武士の一分」を重んじた浪士たち。

 ・・・やっぱりそうなんだろうか。

 「忠臣蔵」を題材にした文芸作品には様々に穿った見方をしたものや、奇想天外な着想で書かれたものがあって、読んでいるとそれぞれに説得力がある。で、「大石内蔵助って実は討入りなんてしたくなかったんじゃないの?」と思ったりもしていたのだけど・・・。何か、原点にもどった気分です。

 赤穂事件は色々に解釈できるのだと思うけど、四十七人の浪人が吉良邸に討ち入り、多くの人を殺したのは事実であって・・・。戦さの世の遠くなった時代に、こんな本気の戦闘の計画を一年十ヶ月もの長い間ひそかに練り続け、実行した浪士たちの孤独とその異常さを思うと、ぞっとすると同時に悲しくもなる。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2013-12-14

妖説忠臣蔵 : 山田風太郎

『妖説忠臣蔵』 山田風太郎『山田風太郎妖異小説コレクション 妖説忠臣蔵 女人国伝奇』

 吉良家と上杉家との間に秘められた忌まわしき過去。上杉家の危機を救った行燈浮世之介の正体は~「行燈浮世之介」

 江戸城での変事を伝えるべく赤穂へ急ぐ早駕籠に付きまとう影~「赤穂飛脚」

 裏切り者は誰だ? そして裏切り者を斬ったのは? ~「殺人蔵」

 米沢の城の天守閣には変化が棲む?
 吉良上野介の米沢入りを阻止したい者たちの思惑は~「変化城」
 
 いつ来るとも知れぬ「その日」を待ちかね、あるいは貧苦にあえぎ、あるいは女に溺れ、堕ちていく同志を見かね、大石内蔵助の心底を質すべく京に向かった田中貞四郎が見たもの~「蟲臣蔵」

 『貝賀弥左衛門 この名をご存じですか?』~「俺も四十七士」

 巷に「上野介は生きている」という噂が流れる中、吉良邸跡に現れる白衣の老人。義挙の折、脱盟した赤穂浪人たちの不穏な動き。~「生きている上野介」


 山田風太郎が見せる“奇妙な「忠臣蔵」”。

 以前、吉右衛門さんの大星由良之助で『仮名手本忠臣蔵』七段目を観たとき、同志の苦衷、苦言、諫言は大あくびで聞き流し、廓遊びにうつつをぬかして心底楽しそうに女たちとじゃれあいながら、一方で遊女の一人や二人平然と殺してしまおうとする由良之助(内蔵助)に、「あれはもう深謀遠慮なんてものじゃなくて、ほぼ狂気だ。」と身震いしたのだが、「殺人蔵」や「蟲臣蔵」に描かれる内蔵助の怪物ぶり~豚のようにだらしなく女に戯れかかり、同志の死を平然と眺めるばかりでなく、必要とあらば手にかけることもいとわず、それでいて討入りの現場にはとても“いい顔”で立っている~は、さらに怪奇、不気味で・・・なんかこう・・・胃の腑からググッとこみ上げるものが・・・。

 地味すぎる侍・貝賀弥左衛門の「俺も四十七士」は滑稽さが妙に切ないやるせない話。人生で初めてたった華やかなステージでも、スポットライトから完全に外れてしまう弥左衛門の強烈な泣き笑い。中盤を盛り上げる悪妻との涙を誘う感動シーンも、読み終えて振り返ってみると、「いいとこは全部嫁に持って行かれちゃったんだなぁ~」と泣き笑いの顔がさらに歪む。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2012-12-15

我、本懐を遂げんとす―忠臣蔵傑作選 : 縄田一男編

『我、本懐を遂げんとす―忠臣蔵傑作選』 縄田一男 編

 元禄十五年十二月十四日、赤穂浪士の吉良邸討入り。「その日」を待つ男たちの思いを描いた作品を集めたアンソロジー。

 本伝として、堀部安兵衛と細井広沢の交流を織り込み、討入り当夜から浪士の切腹までを描いた山手樹一郎「師走十五日」、列伝として、山田風太郎「蟲臣蔵」(大石内蔵助と田中貞四郎)、中山義秀「中山安兵衛」海音寺潮五郎「あさき夢みし」(神崎与五郎)、邦枝完二「江戸の雪」(間信六)、神坂次郎「虱の唄」(武林唯七)、赤坂好美「雪の音」(吉良義周)、また、異聞として柴田錬三郎「浅野家 贋首物語」、そして隆慶一郎の随筆「時代小説の愉しみ」を収録。

 秀吉の朝鮮出兵の際、捕虜として日本に送られた明の武人を祖父とする武林唯七の「虱の唄」は、異国人の血を蔑むもののいる中で、見事な“さむらい”になると誓って生きたその悲壮ともいえる生い立ちと、湯につかりながら祖父に教わった「虱の唄」~かなしみ、苦しみを耐えた異国の男が歌った唄~を口ずさむ、本懐を遂げた唯七の死を前にした静けさ、そして、吉良邸に討入り人を斬ったという唯七の猛々しく逞しい体と寂しげな眼差しを見つめる湯殿坊主の少年の激情の対比が劇的で美しい。

 一方、扇子売りに身をやつし上杉家の動向を探る神崎与五郎が、ふとしたことで関わりあった女に惚れられ想い乱れる「あさき夢みし」や、姉の婚家に居候し無念を噛みしめながらその時を期す間新六の「江戸の雪」は、女に惹かれ乱された心も、恩ある人たちへの不義理も、迷惑行為の数々も、大望を成就する「その日」にすべて晴れやかに清算される・・・そんな甘い感傷が感じられてちょっと嫌だったな。

 そして最近は、“嫌味な敵役”であってほしかった吉良方の物語にも心ひかれるのだ。理不尽な災厄に見舞われた上、幕府による過酷な処分によって貶められた吉良義周の悲憤と、「あの夜」以来耳をはなれない降り積もる雪の音を描く「雪の音」は静かに燃えるような物語だ。

 吉良の側から描いたものといえば、前に書いた皆川博子の『妖笛』や、史料をもとに吉良側の被害状況をつぶさに描いた杉浦日向子の「吉良供養」『ゑひもせす (ちくま文庫)』収録)も読みごたえのある作品。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2012-12-08

妖笛 : 皆川博子

『妖笛』 皆川博子

 元禄十五年十二月十四日深夜、本所吉良邸を襲った凶事。祖父であり養父でもある上野介の首を取られ、自らも深手を負った吉良家当主左兵衛義周は、この時十八歳。

『浅野内匠頭家来ども、上野介を討ち候節、その方仕方不届に付き、領地召し上げられ、諏訪安芸守へお預け仰せ付けられ候なり』

 網をかけた駕籠で罪人のように諏訪へと送られた左兵衛は、幽閉の日々の果てに一管の鉄笛で自害して果てた。 


 家老の左右田孫兵衛とただ二人、左兵衛に付き従い諏訪での日々を共にした近習・山吉新八。

 理屈に合わぬ赤穂浪人たちの暴挙。評定所の理不尽な沙汰。あの夜、主を守って戦うでもなく逃げ隠れしておきながら、今、左兵衛に対して厚かましいほどの馴れ馴れしさを見せる左右田孫兵衛への嫌悪と苛立ち。はらわたの煮える思いを噛み殺し、ほとんどものも言わぬ左兵衛を見つめる新八の中で、あやしく膨らみ、歪み、乱れ、また、暗く秘される思い。

 新八が空耳に聞く笛の音・・・孫兵衛が吹くと優婉な音色を発して左兵衛を慰め、また左兵衛自身がその唇で幾度となく奏で、そして・・・左兵衛の頸骨を打ち砕いた鉄笛の音。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2011-12-14

元禄百妖箱 : 田中啓文

『元禄百妖箱』 田中啓文

 再びの乱世を願う老武士の手により殺生石の封印が解かれ、金毛九尾の妖狐が太平の江戸の世に放たれた。

 家綱が不可解な死を遂げ、綱吉が将軍の座について以来、数々の天災が国を襲い、悪法「生類憐みの令」に民は苦しめられていた。江戸城の奥にたちこめる獣の臭い。江戸城に巣食うものたちの正体を見破った伏見稲荷の神官・羽倉斎が密かに戦いを仕掛ける。

 赤穂藩主・浅野内匠頭長矩の松の廊下刃傷事件、赤穂浪士の吉良邸討入り・・・あまりに有名な元禄の大事件が、さらに大きくこの国を覆う妖気漂う暗黒の物語の1コマとして語られる。

 ひとり妖狐への戦いを挑む羽倉斎~後の国学者荷田春満の暗躍。“先を見てしまう”堀部安兵衛の千里眼~主君への忠義に燃えながら、時にヒヤリとするような諦念を見せるその眼差し。

 奇想天外なお話しであるが、その描き方はさほど大仰ではなくさらりとしていて、元禄の世に妖しのものどもの跋扈する大真面目な「伝奇物語」・・・というよりも、「忠臣蔵」を元ネタにひとつ新奇な話を作ってみせ、そのアイデアの面白さで座の皆を興がらせる、良い意味での「座興」といった趣。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ