2014-08-30

本当のことしかいってない : 長嶋有

『本当のことしかいってない』 長嶋有

 書評集・・・なんだけど、何か不思議。読んでいて一番印象に残るのが「長嶋有」なんである。

 長嶋有が気になる作家だからというのはもちろんあるんだけど、それだけじゃない。これまで好きな作家~中島らもとか、久世光彦とか、三浦しをんとか~が書いた書評集を何冊か読んでいるけど、それぞれの視点や読みをおもしろく味わった上で最終的に興味が向かうのは、らも氏や久世さんやしをんさんに沢山の言葉を語らしめた「作品」の方だったのだ、大体において。

 だけど、何でだろう? この書評集を読んでいると、取り上げられている作品よりも、色々な本を読んで色々なことを感じている「長嶋有」の方にばかり関心が向かってしまう。あとがきにも『まとめてみたら、通常の書評集とはありようが異なっていた。』『これはどこか小説のようだ。』とあった。

 取り上げられた作品についてとても繊細な読みがなされている。作品や作中人物が「している」ことでなく「していないこと」を読み、「ある」ことよりも「ない」ことに感じ入る。

 川上弘美の『光ってみえるもの、あれは』の各登場人物の間にあるのが「あなどり」であるという指摘にははっとした。私が単に「嫌な感じ」だと思っていたもの~作中で発せられる言葉の中にあったものの正体は「あなどり」。そう、「あなどり」かぁ・・・。この「あなどり」に気づかなければ、この作品の空気となっている『あなどられる人の余裕』『あなどらせることの優しさ』にも思い至れないわけだなぁ。


『光ってみえるもの、あれは』感想・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-388.html



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2014-08-02

ジャージの二人 : 長嶋有

『ジャージの二人』 長嶋有

 以前、長嶋有氏のエッセイを読んだとき、「なんかこう、フラットな・・・感じだなぁ」と思ったのだ。気持ちを大きく浮上させるような凸も、深く沈ませるような凹も、こけおどしのような尖ったところもない。ただ、時々登場するやけに具体的な固有名詞(「サボテンとバントライン」とか、「パイロット HI-TEC-C」とか)が身に沁みて、〝ああ・・・”と身悶えしてしまったのだ。

 失業中かつ妻が他の男と恋愛中である息子と、3度目の結婚生活が危うい父が、夏の終わりを群馬の山荘でジャージ姿で過ごす『ジャージの二人』。『ジャージの二人』の翌年、またも山荘にやってきた父子+もう一人『ジャージの三人』。なんかこう・・・やっぱりフラットな感じ。状況はかなりドラマチックだと思うんだが、そんな書きぶりはちっともない。ともすると「ユルい」見かけにおおいつくされそうになる。

 ただやっぱり、時々登場するやけに具体的な名詞やあまりに身近すぎるモノ(「プリングルス」とか、「輸入物のビスケットに貼り付けてある日本語のシール」とか)によって、世界が急に生々しく迫ってくるのだ。あまりにも具体的すぎて、普段は存在していても見えない、意識にものぼらないモノの名前を改めてつきつけられて脳が活性化するんだろうな、きっと。

 大きな凸も凹もない。ただ、たくさんの色んなことがフラットに、並列に、ぼこぼこと生まれ、存在する。この感じ・・・あれだ、以前読んだエッセイのタイトル・・・『いろんな気持ちが本当の気持ち』




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-12-22

いろんな気持ちが本当の気持ち : 長嶋有

『いろんな気持ちが本当の気持ち』 長嶋有

 世代的に近いせいか、それとも著者の持ち味なのか、すご~く自然体で読める。書かれている内容にふと顔がほころんだりする。思春期に私も体験したものたちがちょくちょく文中に登場するのだ。「サボテンとバントライン」なんて言葉をみつけると、ちっちゃくじたばたしてしまう程度にテンションが上がる。他にも出てくるのは「ドラゴンボール」だったり「吉田戦車」だったり「高野文子」だったり、「もしもピアノが弾けたなら」だったり「パタリロ」「バトルランナー」「パイロット HI-TEC-C」・・・。

 自分の身近にあったモノや作品がこうしてエッセイの中で語られているのを見ると、自分がよく見ていて、しかもそんなに昔のことじゃないと思っているアニメが「懐かしの~」とかいうタイトルをつけられてテレビ特番で放映されているのを見るような、ちょっと“あれ?”というような嬉しいような、くすぐったいような気分だ。

 何しろ語られているものが今や絶版になっていたり、“知る人ぞ知る”といったマニアックなものでなく、割と気軽に手にとれるものなのがいい。

 身辺雑記を綴ったエッセイを読んでいても、その書き手への親しみよりもむしろ距離や異質さの方を意識させられることが多いのだけど、その点で長嶋氏のエッセイは何かフラットで・・・ふと、“長嶋氏って読者的な体質を多分に持った人なのではないか?”と思ったりする。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2007-10-10

猛スピードで母は : 長嶋有

 父と別れた母との暮らしが、息子・慎の言葉で語られる。

 母・子・祖父母・母の恋人・母の職場・学校の級友・・・ほとんど生活の中での人間関係のことだけで構成される短い話。その人間関係のすべてがうまくいってるとか、希望が見えてるとかじゃないんだけど、極力、感情的でウェットな表現は排して書かれていて、それが主人公親子にとても潔い印象を与える。

 車のタイヤ交換は素晴らしく手際が良く、女手一つで息子を育てる忙しい生活の中でも、次々と恋人らしき人を連れてくる。職場である市役所では、皆が嫌がった生活一時金の返済督促の仕事をひるまず引き受け、仕事と父の介護両立の為に毎日往復三時間の距離を移動することも厭わない。慎の母はとても逞しく、エネルギーに溢れる女性のようだが、学校に通い資格まで取って就いた保母の仕事はあっさり諦めている。「子供って、全部あんた(慎)みたいなのかと思った。そしたら違ってた」という理由で。自分に出来ること・出来ないことをちゃんとわかって、区別できてた人なんだな。

 慎はそんな母の姿を見て、「サッカーゴールの前で両手を広げて立っている、PKの瞬間のゴールキーパー」を想像する。PKというゴールキーパーに圧倒的に不利なルールの下で、奮闘する母。もしゴールを守れなくても決して悔やむまいと決めている母。

 息子ともそういう潔い人間関係を持とうとする母はスカッとしているのかもしれないけれど、一つ素直には頷けない台詞がある。

 「あんたはなんでもやりな。私はなにも反対しないから」

 それって「あんたのする事には責任持たないよ」という、親が子供にかける言葉としてはとっても厳しい言葉にも取れる。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2007-10-06

サイドカーに犬 : 長嶋有

サイドカーに犬 / 長嶋有

 母の家出で幕を開けた夏休み、見知らぬ女・洋子さんが家にやってきた。

 父と喧嘩ばかりしていた口うるさい母が出て行った家で、洋子さんや、弟や、父や、父の友人達と、薫が過ごした小学4年の夏。

 洋子さんが父の愛人だとは気付いていなかった。洋子さんは変な人だったけど、嫌ではなかった。母がこと細かく決めていたルールが、洋子さんによってどんどん塗り変えられていく。“ルール”は破ることができるのだという軽い驚き。

 かなりハードなひと夏の体験なはずなんだけど、鈍感なのか、しっかりしてるのか、薫は状況をじっと見てる。洋子さんに言わせれば、「薫はハードボイルドな女」。

 父の乗るサイドカー。父の後ろには洋子さん、サイドカーに薫。サイドカーはいい~バイクに乗る二人のように距離が近くないこと、隣の二人を見上げることができること。

 昔見た犬~サイドカーに乗せられて、凛として座っている犬に薫は憧れる。

 薫が持つ人との距離感が、繊細で、清々してて、ちょっと痛々しくて。涼やかな読後感。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ