2014-11-08

魔風海峡―死闘! 真田忍法団対高麗七忍衆 : 荒山徹

『魔風海峡―死闘!真田忍法団対高麗七忍衆』 荒山徹

 槇えびしさんの『朱黒の仁』をきっかけに、中村彰彦『真田三代風雲録』、柴田錬三郎『柴錬立川文庫』と読んでみた真田モノ。荒山徹で止めを刺します。

 太閤秀吉の死が間近に迫るなか、豊臣家存続のため石田三成の命を受けて任那日本府の埋蔵金を持ち帰るべく海を渡る真田幸村と十勇士(の内の七人)。それを阻まんとする徳川家康の差し金で朝鮮に送り込まれた服部半蔵とともに悲運の王子・臨海君と朝鮮忍者・檀奇七忍衆も任那の黄金を狙い動き出す。

 ストーリーはもう・・・サブタイトルの通り。任那の黄金をめぐって延々と繰り返される、幸村率いる猿飛佐助、霧隠才蔵、百合鎌之介、根津甚八、筧十蔵、海野六郎、望月小六郎ら真田忍びと、臨海君を頂く檀奇七忍衆の死闘。物語の緩急とかおかまいなしにアクセル踏みっぱなしな感じで、なんだかとてもガチャガチャしてる。これがデビュー二作目とのことだけど、本作に比べるとその後の作品で描かれる戦いは荒唐無稽、無茶苦茶な展開に見えて実は随分洗練されていたんだなぁ。

 檀奇七忍衆の操る「それはもう忍法の範疇じゃないだろう?」というレベルの忍法が幸村一行を襲い、戦いは酸鼻を極める。荒山作品における戦闘はどんなに凄惨、無惨であっても、そこに漂う可笑しみが読んでるこちらの救いになっていたんだけど、本作にはそういう救いもない。

 わずかに可笑しいといえば、荒山作品らしく美形が安売りされているところか。しなやかな獣の如き野性的な美青年である佐助、貴族的で秀麗な才蔵、他人の顔に化ける忍術の副作用でとんでもない美貌に変じてしまった甚八、朝鮮側にも裏花郎の美童・沙羅骨忽覩、肌も瞳も唇も鼻も眉も女性美の極みにある伽耶婦人。美形といえどもこれだけ安売りされればちっとも有り難くないところが何とも・・・(佐助だけは何か特別な感じはするけどね)。

 真田幸村と十勇士が主役だろうと思って読み始めたのだけど、主役というには幸村のキャラクターがいまひとつはっきりしない。任那の黄金を狙う動機にしても、臨海君一味に比べて真田側の方が弱い・・・よなぁ。

 あれ?

 幸村は主役じゃなくて臨海君へのあて馬だったのか! 



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2014-07-26

長州シックス ― 夢をかなえた白熊 : 荒山徹

『長州シックス 夢をかなえた白熊』 荒山徹

 「夢をかなえた白熊」だの、「ひょっとこ葉武太郎」だの、「腰撫で襦袢」だの、なんか人をくったような副題が並んでるのを見ると、嬉しいんだか、イラつくんだかわかんない気持ちになって、「う~ん、荒山、荒山」と唱えてしまう。

 欧州への密航留学生「長州ファイブ」には知られざるもう一人の同行者がいた。毛利公の落とし胤だという彼、白石阿定(しろいしくまさだ 通称シロクマ)がロンドンでかなえた夢とは?・・・「長州シックス 夢をかなえた白熊」

 富山藩から英語習得のため江戸に派遣された潤間寅之祐。彼の必死の体当たり英語修行と〝あの事件”との意外な関係。・・・「ウルトラ・ダラー 幕末英語教育事始」

 蛤御門の変で両手両足を失った足軽の葉武太郎は、いつしか「軍神」と崇められ・・・「シュニィユ ひょっとこ葉武太郎伝」

 身につけた者を辛抱たまらん気持ちにさせる「腰撫で襦袢」をめぐる奇妙な仇討譚とそれに熱狂した人々・・・「トゥ・バ・ビヤン 腰撫で襦袢伝奇」

 「五箇条の御誓文」はなぜ四条でも六条でもなく「五条」でなければならなかったのか・・・「ファイヴ・アーティクルズ 維新の魁」

 「ファイヴ・アーティクルズ」は「五条」という一点に奇想を盛り込みつつも、天誅組の乱の顛末を語る硬派な歴史短編だったが、それ以外の四篇についてはいつもながら、あんまりなネタの投入に「そんなバカな!」とクラクラしてしまう。しかし、どれも〝うまいことできてる”んである、嘘と史実がごちゃまぜになった幕末小話として。

 幕末という動乱の時代にも人がそれぞれものを思い、ものを食い、日々を暮した日常はあったはずで、ちょっと馬鹿馬鹿しくもあるこれらの話の裏に、そんな浮世の有様を思うと何だかしんみりしてしまう。

 激動の幕末を彩る大事件の陰に語られる・・・おもしろうてやがてかなしき法螺話。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2013-12-07

砕かれざるもの : 荒山徹

『砕かれざるもの』 荒山徹

 宇喜多秀景、八丈島より推参! 

 「予は生まれながらに将軍である」と嘯きながら、その実、コンプレックスの塊である三代将軍家光が示威の為に加賀百万石・前田家を取り潰さんと仕掛けた罠は、過去の亡霊とも言うべき者たちをも引き寄せ、事態は幕府の思惑を超えた奇怪な展開に・・・。

 一方、窮地に立った前田家は、かつての縁を頼りに、八丈島に流人として暮らす宇喜多一族に秘かに救援を求める。しかし、希望を託した剣士・宇喜多秀親を幕府より放たれた柳生十兵衛に討たれ、唯一の望みも潰えたかに見えた中、兄を殺された怒り、血縁である前田家への思い、そして何よりも「島の外を見たい」という渇望を胸に、備前中納言秀家の孫・「生まれながらの流人」秀景が八丈島を発つ。

 十兵衛率いる柳生剣士団、前田家の危機に駆けつける宇喜多秀景、秀景を導く山田浮月斎、伊藤一刀斎、幕府と前田家を相手に暗躍する第三勢力に身をおく宮本武蔵。さらに、加賀藩富田流の剣士たちに、幕府への反骨の思いを胸に京から参戦する吉岡一門、越中の忍者集団入り乱れての剣戟。

 息もつかさぬ斬り合いに次ぐ斬り合いに心拍数は上がりっぱなしなのだが、ず~っと違和感としてついてまわるのは・・・「秀景、いつの間に強くなったの?」という疑問。

 島を出るときには兄に遠く及ばぬひよっこ剣士だったはずが、嵐の海で柳生十兵衛に遭遇し漂流するところを、島の老人・弥五郎=伊藤一刀斎に救われた後は、いきなりほぼ無敵となって加賀へ向かう秀景である。その強さは痛快ではあるけれども、幾多の苦難と闘いを経て成長してゆく若者の姿を見たかった私としては、ん~ 「訳もなく強すぎだろ」とちょと不満。

 世間と隔絶された場所で、剣の腕だけを身につけて育った天然自然の純粋児・秀景は、人里離れた山中で宮本武蔵に育てられた剣士、『吉原御免状』の松永誠一郎にどこか似ているような気がする。とすると、人としての様々な感情を味わい変わっていくであろう秀景の、むしろこの先をこそ見てみたい。続編とか、予定はないのかなぁ。


 最後に登場する宇喜多秀家の気骨ある戦国ジジイっぷりがカッコよく、先だって読んだ『梟の系譜 宇喜多四代』での、あんまりな言われようが雪がれた気がした。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2013-10-19

石田三成 ソクチョンサムスン : 荒山徹

『石田三成 ソクチョンサムスン』 荒山徹

 「大変! ハングギドラだわ!」

 「ゆけ、臘鷺守(ロウロス)!」


 滅びゆく百済の王によって、後宮女官三千人の命を生贄に封じられた百済復興の霊力。百済復興の宿願を受け継いできた近江百済党首領・石田治部少輔三成は朝鮮の地でその封印を解き、霊力を得て魔人となる。

 霊力をもって関白秀次を、太閤秀吉を操り、己の野望を押し進める三成の前に立ちはだかるは、古代より「百済復興阻止」の使命を受け継いできた柳生一族。柳生石舟斉宗厳五男・宗矩は徳川家康の懐に入り三成を牽制し、四男・宗章は果心居士との厳しい修行の果てに時空を超えるタイムマシンを駆る! 『何? 今度は遡りすぎたというのか? し、しまった!』

 飛鳥時代、戦国時代と頻繁に場面が転換するため、せっかく盛り上がってきた興奮が寸断されてしまうことはあったのだが、海を渡ってきた「百済復興」の執念を軸に、壬申の乱と関ケ原の戦を結びつける伝奇的な語りの勢い、そしてそこに「柳生」を絡めてくるタフさにはまいった。

 随所にみられる“あらびき”な感じが、荒山作品のクセになる魅力であるが、物語冒頭から引っ張り続けてきた驚異的な「霊的兵器」の存在を、関ケ原のあの歴史的場面に結びつけた幕切れは、殊に味わい深かった。


※文庫版タイトルは『柳生大作戦』となっています。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2011-09-24

柳生大戦争 : 荒山徹

『柳生大戦争』 荒山徹

 所謂元寇~二度にわたる元の日本遠征に従って敗れ、異国の海に沈んだまま未だ成仏できない自国の兵士を弔うため危険を押して日本へ渡った高麗の高僧の話から書き起こし、「檀君神話」誕生の秘密を語る第一章。時が流れ~第二章からは徳川三代将軍家光の時代。「檀君神話」の秘密を握る柳生が絡んで日朝はつばぜり合いをくり広げ、大陸では野人と蔑まれてきた女真族の国・後金~清が力を強め、中華の国・明を滅ぼさんとうかがっていた。歴史の混乱の最中、柳生の剣士たちが海を渡る。
 
 壮大かつ重厚な歴史物語にでもなりそうなところへ、ストーリーの腰と読者の顎骨を揉みまくる破壊的なネタ ~耳じゃないトコを持っていかれちゃう琵琶法師・芳一とか、乱れる家光とか、柳生友矩の美少年キラーぶりとか、チョイキャラの名前チンドンゴン・ソヨンジュン・パクビョンホンにも“!?!”ってなった~ をガンガン放り込んでくれるところが・・・やっぱり、スゴイ! 面白い! 荒山徹! どんな状況にあろうとも、ほげっと鼻毛でも抜いてそうなキャラクターながら、ひょいと核心をつく柳生十兵衛も素敵。

 日本~朝鮮半島・中国の歴史に関して啓蒙的なものも含みながら、やはり基本はエンターテイメント。あまりの面白さにヒーヒー言いながら読んだ。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-09-25

鳳凰の黙示録 : 荒山徹

 以前読んだ、同じ作者の『処刑御使』にはド胆を抜かれたのだ。歴史の鍵を握る一人の少年をめぐって繰り広げられる、超絶すぎる戦い ~ 奇想天外、荒唐無稽な面白さ、息もつかせぬ怒涛の展開の中にも、こみ上げる可笑しさを止められない、いやもう“そんな無茶な!”と言うしかない恐るべきお話でありました。

 同じ作家の作品ならば面白いに違いない! という期待通り、本作も何やら色々と山盛りです。

 李氏朝鮮 ~ 王位をめぐる骨肉の争い。代々、王の暗殺部隊として働く七人の女剣士「琴七剣」は幼い王子の殺害を命じられ任務に就くが、いたいけな王子を殺すに忍びず、苦悩の末、王命に叛き反逆者となる。王子を守り逃げる「琴七剣」を抹殺すべく召集される「魔別抄」の刺客たち!

 妖獣・妖術を操る「魔別抄」の怪人たちとの壮絶な戦いの末、美しい女剣士たちは、次々と無残な屍をさらしていく。この作者の描く殺し合いのありさまは、凄まじく、酸鼻を極めるのだが、不思議とそこには暗く陰惨な感じはなく、どこか白々、さばさばとした妙な明るさが漂う。・・・というか、暗くなりようが無いマヌケ要素が多すぎるのだ!

 蝦蟇を呼び出さない蝦蟇使いとか、一撃必殺の居合勝負の場面で虎頭の剣士が抜かなかった訳が「に、肉球?!」だとか、あれだけの死闘を繰り返した挙句、最強はふらりと登場した日本の剣術使いですか?!とか・・・ ツッこんで下さい!と言わんばかりで、もう、身悶えしてしまう。無駄に美形が多いのも満腹感を増してくれて○。

 義賊・洪吉童一味も戦いにからみ、家康の大坂城攻めが迫る日本に舞台を移してからは、アジアに生まれた二つの文明を継ぐ「龍族」と「鳳凰族」の長い闘争の歴史へとドラマが拡大。そして生まれるロマンス! あくまでもマイペースな「魔別抄」。未来へと飛び立つ不死鳥! ああ、腹イッパイ。


『処刑御使』感想 http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-258.html

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2008-12-20

処刑御使 : 荒山徹

 無茶苦茶でごじゃりますがな。

 ・・・良い意味で、ですよ。いや、もう何か凄すぎて・・・腰が砕けることこの上ないんだけど、憎めない。興奮するやら脱力するやら・・・よく分からないんだけど楽しみました、とにかく。

 一言で言うならアジアを舞台にした「ターミネーター」といったとこでしょうか。江戸末期の日本と朝鮮を舞台に、将来大きな歴史の鍵を握ることになる少年を巡っての、未来からの刺客と少年を守るため同じく未来からやってきたボディーガードとの壮烈な戦い!

 その戦いが・・・最初こそ真剣勝負の斬り合いだったりするんだけど、中盤から妙な方向にエスカレートしちゃって・・・。放電する巨大百足に、巨大化してのっしのっしと歩き出す仏像。

 それを迎え撃つ女ボディーガードの技も凄い。ある意味ベタな技なんだけど、それが最後の決戦での大技に、そういうふうに繋がっていくとは! ガクンとアゴが落ちてしまって・・・あいた口がふさがらないとはまさにこのこと! いいんですか、それで?(大笑)

 これ、映像化したら一大B級娯楽映画になると思うんだけど、最後の戦いだけは映像にはできないだろうなぁ・・・マヌケすぎて。

 守られる少年~将来の大物~に華が無いのも、B級臭さを増して○。くどいですが、良い意味で、ですよ、これ。

 ストーリーにあまり関係ないとこに笑いどころがあったりして ~ 未来からの刺客の大技・化物百足の餌食になる長州の美形藩士・雪之丞(ネーミングがすごいよ)と彼に懸想していたらしき同輩(こちらもあっけなく百足の犠牲に)とか・・・わざわざページ数割いて書くほどのことでもあるまいに、あえてそんなこと書いてくるサービス精神(なのか?)に、個人的にクスクスしてしまった。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ