FC2ブログ
2020-04-04

ペガサスの解は虚栄か? : 森博嗣

『ペガサスの解は虚栄か?  Did Pegasus Answer the Vanity?』 森博嗣

 パリの博覧会から逃亡したウォーカロンにはクローンを産む疑似受胎機能が搭載されていた可能性がある。スーパーコンピュータ・ペガサスからの示唆を受けて、ハギリたちは、そのウォーカロンが潜んでいると思われるインドの資産家のもとを訪ねる。

 八人の夫人と三人の子を持つ資産家・ケルネィは最近生まれた三人目の子の出生に不審を抱いている。

 人間、ウォーカロン、クローン・・・どこからが人間で、どこからが人間でないものなのか? それらを区別するものは何なのか? 

 このシリーズ中、繰り返し提示されてきたこの問いの中で、今回繰り広げられるのは、この作品世界においては随分旧態依然としたものに見える血縁に絡んだ愛憎劇。合理的とは言えない行動を彼らは何故とったのか?

 肉親であるが故に生まれる感情、関係とともに、人と人が、人とウォーカロンが、人とAIが、AI同士が何等かの関係性を保つことによって生まれる様々なものが描かれる。エピローグで語られるペガサスの状況は・・・ちょっと誰か、何とかしてあげてほしい。


 ハギリ博士、何だか守られることに慣れちゃって、ちょっと駄々っ子のようになっていないか? もうちょっと、護衛の皆さんの言葉に耳を傾けるべきじゃないでしょうか? そういえば、『デボラ、眠っているのか?』でだったか、「ハギリ博士って、ひょっとしてウォーカロンなのか?」って思った瞬間があったんだけど、あれは何でそう思ったのかなぁ。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2020-03-22

青白く輝く月を見たか? : 森博嗣

『青白く輝く月を見たか?  Did the Moon Shed a Pale Light?』 森博嗣

 長い間、人間社会のあらゆるデータを収集し、学習を積み、今や自分の思考の中に閉じこもってしまったスーパーコンピュータ・オーロラ。五千メートルの深海に引きこもってしまったオーロラとの対話を試みるべく、北極基地へと赴くハギリ。

 詩情を解する孤独なAI。AIと人間の間に生まれる友情、恋愛。氷に閉ざされた深海。青白い月。親愛なる人へ贈る花束。

 これまでになくロマンティックなお話。ちょっと感傷的な古いSFを読んでいるような感触。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2020-03-07

私たちは生きているのか? : 森博嗣

『私たちは生きているのか?  Are We Under the Biofeedback?』 森博嗣

 ウォーカロンが大勢集まって暮らすという村の情報を得て、ハギリたちはその村~『富の谷』があるというアフリカ南端へと赴く。無邪気な案内人ローリィに連れられて『富の谷』を訪れたハギリたちの前には・・・

 様々なかたちの「生きているもの(仮)」たちが登場する。最後のページを閉じた後、改めて表紙を見て、「ああ、そういうタイトルだったのだなぁ」と気づく。

 自分を「人間ではない」「生きていない。生きているものではない」というローリィの真意、彼の生のかたちについては、もう少し考え続けてみたい。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2020-02-22

デボラ、眠っているのか? : 森博嗣

『デボラ、眠っているのか?  Deborah, Are You Sleeping?』 森博嗣

 『存在することを、生きているというのだ、人間はね』

 フランスの古い修道院で発見されたスーパーコンピュータとそれを守って暮らすウォーカロンの一群。また、ネットに遍在し活動する「トランスファ」の存在が明かされる。

 人工知能同士の演算戦。人間が生活する場所とは異なる領域で絶え間なく続いている戦闘。・・・このシリーズ、『スカイクロラ』のイメージともつながってきたなぁ。うん、そういえばこのシリーズの最初から、ウォーカロンの在りようはキルドレを連想させるものだったな。

 ハギリ博士、ヴォッシュ博士二人は、あるものを信じて、ある選択をした。その選択は何につながっていくのか? 何をもたらすのか?

 ヴォッシュ博士が口にした情緒的とも思える言葉が印象に残った。この言葉は、この先の物語を読む中で、どのように響いてくるだろうか。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2020-02-08

風は青海を渡るのか? : 森博嗣

『風は青海を渡るのか?  The Wind Across Qinghai Lake ?』 森博嗣

 シリーズ三作目。

 生殖による人間の誕生が限りなくゼロに近づいた今なお人間の子供がうまれている村・ナクチュ特区で、ハギリは人類の聖地ともいえる遺跡の存在を知る。また、その遺跡と関係すると思われるスーパーコンピュータの存在が明かされ・・・

 人はどのように生きたいのか。どうありたいと願うのか。人はウォーカロンに何を望むのか。ウォーカロンは何かを願うのか。人とは、ウォーカロンとはどういうものなのか。人の意志や願いは現実に何らかの影響を及ぼすのか。人は、ウォーカロンは、現実とどう向き合うのか。そんなことをまんまと考えさせられる。

 そして、マガタ・シキは何をしようとしているのか。

 早く先を読み進めないと。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2020-01-25

魔法の色を知っているか? : 森博嗣

『魔法の色を知っているか? What Color is the Magic ?』 森博嗣

 Wシリーズ、順調に読み進めております。と同時に、マガタ・シキ博士が天才的な科学者というよりも、もうほとんど女神の如き存在感で登場するのを見るにつけ、これまで敬遠してきたS&M、V、Gの各シリーズも結局読まなきゃいけなくなるんじゃないのか? と、ちょっと恐怖しております。

 限りない寿命を得た一方で、子供を産むことができなくなった人間。『ウォーカロン』として生産される、人間とほとんど違いのない存在。・・・ハギリたちは今でも人間の子供が生まれているという地・チベットに向かう。

 物語世界の様相は割とわかりやすく提示されているし、ハギリたちを襲う事件はSFアクション映画さながらな感じだし、登場するキャラクターの造形もなんだか・・・このシリーズはエンターテイメント色濃いめなのかな。

 語り手であるハギリ博士、ご本人にあまり守られるべき自覚がない割に(なんで襲われるのかもわかんないんだから仕方ないといえばないんだけども)、随分厳重に献身的に守られてる。そのあたりの機微というか理由も、これから読み進めるうちにわかってくるのかなぁ。 




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2020-01-11

彼女は一人で歩くのか? Dose She Walk Alone ? : 森博嗣

『彼女は一人で歩くのか? Dose She Walk Alone ?』 森博嗣

 長いシリーズものを読み通す根気に自信がなくて、これまで敬遠してきたのだけれど、この後に続くらしいWWシリーズが面白そうだし、これから読もうと思っている『赤目姫の潮解』をより楽しむためにも、このシリーズは読んでおいた方がいいのかな・・・と思い、意を決してとりかかりました。読み始めてみるとページがどんどん進んで、意外と早くシリーズ読み通せそう。

 人間の細胞から培養した人工細胞の身体に神経回路を人工的にインストールして生産される『ウォーカロン』。すでに人間との判別も困難になった『ウォーカロン』が人口のかなりの部分を占める世の中。科学者ハギリは突然命を狙われる・・・。

 世の中の現状を提示し、そして事件が起こる・・・これ一冊がシリーズのイントロダクションのような印象。

 頭の中から思考の糸をぐるぐる引き出してくれるのは、森作品の常のことだが、これまでのように架空の世界の中で純粋に思考するという感覚とは少し違って、本作では思考がかなり現実に引き寄せられる感じ。

 森作品を読んでいてゾワゾワするのは、リアルとは少し質感の違う夢の中のような視覚が開かれていくこと。それ以上にゾクリとするのが、その視覚が裏切られる、または更新される瞬間があること。さあ、この作品はこれから何を見せるのか・・・。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2016-10-08

マインド・クァンチャ - The Mind Quencher : 森博嗣

『マインド・クァンチャ - The Mind Quencher』 森博嗣

 物語が始まった時、ゼンは「自分が何者であるかを知らない若者」だった。絶え間なく思考することで自分という存在を、自分が存在する世界を量り、都へ向かう旅の途中で人と出会い交わって世の中の仕組みや様々にからまる人の思惑というものを知り、幾多の強敵と刀を交え、その軌跡のひとつひとつを身体に刻み・・・

 ゼンの行く道筋は螺旋を描くように一周し、彼はまた「自分が何者であるかを知らない若者」となった。だがその自然な在りようは、「私」というものについて思考することで「私」を見出していた旅の初めの彼とは位相を異にしている。

 剣の道を究め、究めて行き着く先・・・そこでは、思考する「私」は消える。「無」・・・それは死に近い。剣の道の究極にある「無」と自分がこの世の中で生きていることの矛盾。何だか仏教的な問いだ。ゼンはいつか答えを見つけるだろうか。

 あまりにも大きな人々の思惑に関わることになってしまったゼンの行く末が少し心配になった。だが、ゼンはそのような思惑には関係なく、自分に見える道を行くのだろう。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2014-11-29

フォグ・ハイダ - The Fog Hider : 森博嗣

『フォグ・ハイダ The Fog Hider』 森博嗣

 『ヴォイド・シェイパ The Void Shaper』シリーズ4作目。峠道で盗賊に襲われるゼン。ゼンを凌ぐ腕をもつ盗賊の用心棒・キクラ。キクラをつけ狙う侍の一群。霧の立ち籠める山中でゼンが戦う。

 前作『スカル・ブレーカ - The Skull Breaker』で、ゼンの在り方、佇まい、人との関わり方が変わり始めたと感じた。今作は、その物語の『転』を受けての新たな『承』というところだろうか。

 ひたすら「私」という存在について思考し、合理的な答えを見出そうとするゼンの中で、「私」というものは世界の中にポツリと存在するものから、世間の様々な関係、思惑の中に在るものへと変わってきた。同時にゼンはまた理屈では割り切れない「感情」というものを知る。ゼンの無垢な思考に経験からもたらされたものが加わっていく。答えを求めて剣を振る。剣がもたらす生と死の中に身を置く。


 ところで、『スカル・ブレーカ』に登場した侍・チハヤが今作ではゼンと行動を共にし、共に戦う。陽気で豪快でちょっと大雑把な感じのするチハヤが、実はゼンと同じくらいに腕が立ち、ゼンに劣らず思索的な男であることが判明して・・・。参った、いわゆる「思わぬギャップにドキドキする」ってやつか。俄にゼンより気になる存在になってきた!



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2014-08-23

神様が殺してくれる : 森博嗣

『神様が殺してくれる』 森博嗣

 自らが巻き込まれることになった、美しすぎる友人リオン・シャレットに纏わる連続殺人事件について語る「僕」。その語りに悲しみと欠落を漂わせる「僕」という存在そのものに何か秘密があるのだろうということは最初から予感された。

 リオン・シャレットに関わる5人の男女が次々と殺された理由。殺人の現場にいたリオンが「神が殺した」と言い、その神の名として「僕」の名前を告げた理由。残酷な事実のすべてを語る「僕」と、事実として語られた言葉を「そのまま信じることはできない」と言う「僕」と、結局は言葉にできなかったことと・・・。

 千々に分裂する「僕」の姿も、殺人を犯した「僕」の半身の思いも、「僕」を神と言ったリオンの思いも、そのありのままを掴むことは難しくて、ただそのことを思い、考え続けることしかできない。

 事件によって深く傷つきながらも、自分のために、リオンのために、自分の半身のために、何が起きたかを明らかにするべくこの一連の事件を語る「僕」の言葉は自制と思いやりに満ちて切ない。

 深い傷を抱えて「僕」はこれからも生きていく。唐突だけども、「ありのままに生きる」ということはやはり高らかに誇らしげに歌い上げるものじゃなく、あきらめ(諦める+明らめる)を含んで口にするものなんじゃないかなと思った。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ