2016-12-03

有頂天家族 二代目の帰朝 : 森見登美彦

『有頂天家族 二代目の帰朝』 森見登美彦

「我が子が鍋に落ちそうだっていうのに、どうして父上は笑ってるんです?」

「我々は狸だ。笑うべきでないときなどない」

「狸というのは健気なものだね」

 天狗と狸と人間の三つ巴でぐるぐる回る浮世の物語『有頂天家族』第二弾。

 落魄の老天狗・赤玉先生こと如意ヶ嶽薬師坊の二代目が突如欧州から帰国した。かつて三日三晩にわたり天地をどよもす大喧嘩をやってのけた父子の再会に京都の街は緊張を高める。一方、狸界では陰謀渦巻く果てしない覇権争いが続き、人間界では狸を喰らう怪人たちが暗躍する。そんな中、糺の森の下鴨四兄弟にもそれぞれに狸生の岐路がおとずれ・・・。

 考えてみれば、なかなかにハードな暴力と愛憎の物語なのに、舞台を右往左往しているのがふはふはした毛玉たちだというだけで、こんなにものほほんとした気持ちで読めるものか。

 己が身体に流れる阿呆の血をいかんともしがたい狸たちの笑いには、したたかさと無力さ、喜びと哀しみが混然一体となっていて、とても切ない。

『有頂天家族』感想http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-281.html



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2014-03-29

森見登美彦の京都ぐるぐる案内 : 森見登美彦

『森見登美彦の京都ぐるぐる案内』 森見登美彦

 四月初旬に京都に行く予定である。京都には、修学旅行で2回、家族旅行で数回、学生時代に友人と1回行ったことがあるが、どれも同行者の立てたプランに沿って観光をしただけなので、いまひとつ何かを見たという実感が薄い。今回は一人旅。『森見作品の舞台になった京都』を味わうのを目的の一つにしようと思う。

 吉田山に登り、鴨川デルタに立ち、糺の森に憩い、哲学の道の桜に染まり、胴の長いケモノが振り返りそうな路地を抜け、四条大橋の上で空を見上げ、夕闇を走る叡山電車を眺めてみたい。

 立ち寄るべき場所を見出しと写真で確認し、添えられた小説の一節からその作品世界を反芻する。二つの摩訶不思議エッセイ「登美彦氏、京都をやや文学的にさまよう」「京都捻転紀行」を読んで、“これから訪れるのは現実を捻転させた妄想的京都である”と、そこに遊ぶための心胆を練る。

 ただ、ガイドマップとしては少々頼りないので、実際の町歩きにはJTBのガイドブックか何かを携帯しようと思う。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2014-02-22

聖なる怠け者の冒険 : 森見登美彦

『聖なる怠け者の冒険』 森見登美彦

 何だ? 何なんだ? この曖昧な噛み応え。

 何事もない静かな週末を愛する小和田君。充実した休日を過ごすことに血道をあげるその先輩カップル。世界一ぐうたらな探偵と、仕事熱心な助手であるアルバイトの週末探偵。アルパカそっくりの男。狸のお面に黒マントを纏った正義の怪人・ぽんぽこ仮面。彼らが巻き込まれた、ある土曜日の冒険。

 祇園祭の宵山。狸。テングブラン。入りくんだ路地。暗躍する謎の組織。迷宮化する京都の街。

 森見氏お得意の摩訶不思議な京都をしっかり味わおうと“ぎゅうっ”と噛みしめてみるんだけど、何やら曖昧な歯ごたえしか返ってこない。ん? 京都を舞台にした森見作品の魅力は、物語の背景である街自体が生き物のように生命力を持って息づいているところにあると思うのだけど、何だか今作は、その京都の街が息も絶え絶えであるように感じるのは気のせいか? 『宵山万華鏡』『有頂天家族』『太陽の塔』『夜は短し歩けよ乙女』などでこれまでに描かれた京都の街の蜃気楼を見ているような気にもなってくる。蜃気楼の中で、登場人物たちも何だかぼんやりして見える。

 結局、しっかりと噛みしめることができたのは、物語が終わるときの晴れ晴れとした物悲しさと、「孔雀の羽根が飾られた洋間(!)」だった。

 孔雀の羽根! あった! 私の記憶の中にも「昭和の風景」のひとつとして残っている! おばあちゃんの家の洋服ダンスの置いてある部屋に、こけしやフランス人形や達磨と一緒に、孔雀の羽根が数本花瓶に挿して飾られていたよ! うわ、何だこれ。記憶がものすごい生々しさで逆流してくる。あの薄暗い部屋の感じも、こもった空気の匂いも! うわぁぁぁぁぁ~!




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2011-10-22

四畳半王国見聞録 : 森見登美彦

『四畳半王国見聞録』 森見登美彦

 う、うぅ、う・・・苦しい。四畳半に立てこもり妄想を縦にする腐れ大学生たちの姿は、森見作品では見慣れた阿呆なものに変わりはないのだが・・・どういう案配なのだろう? その阿呆ぶりが滑稽というには何か切実で痛々しい。

 一人孤独にあるときにこそ、余は完全に己が欲する自己になることができるのである。
 「一人でいる時はこんなにステキな俺なのに、なぜ他人が目の前にいるとヘンテコになるのであるか!」
 「一人でいる俺を考慮に入れて評価せよ!」


 こんな言葉をつきつけられては・・・青春の日の不安、焦燥、満たされない自尊心、孤独、恐怖~記憶の向こうに押し遣っていたそんなものたちが、ひたひたと逆流してくるようで、とても平静ではいられない。

 四畳半に淋しく立てこもり続けた“俺”が、行く先々でそっけなくあしらわれながらも、別れを告げるべく友人、知人たちをたずねて回る「グッド・バイ」では、ついにたまらず、胸の奥に塗り込めた古傷から、ちょっとだけ血を噴き出してしまった。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2011-09-10

ペンギン・ハイウェイ : 森見登美彦

『ペンギン・ハイウェイ』 森見登美彦

 小学四年生の「ぼく」が住んでいる郊外の街には、コンクリートで四角く区切られた土地にレゴブロックで作ったような家が並び、まだ家が建っていない空き地では草が風になびいてサバンナのようだ。「ぼく」が通う歯科医院の待合室は宇宙船の発着所のようで、「ぼく」と仲の良い歯科医院のお姉さんには謎が多い。

 そんな「ぼく」の住む街にある日突然ペンギンが現れた。しかも、そのペンギンたちは、歯科医院のお姉さんと関係があるらしい。日々世界について学び、将来きっとえらい人になるであろう「ぼく」は、ペンギンの謎について研究を始める。


 田圃のあいだを縫い雑草の茂る空き地を通過して小学校の裏の小さな藪まで続く道や、川を渡る鉄橋の脇についた作業員用のものであろう金網製の通路、そこから先には歩いて行ったことのない道の向こう~もう随分昔、小学生の頃に見たそんな風景が脳裏をよぎる。小学生の頃の私は、「ぼく」のように世界の果てについて思いを巡らせることはなかったし、色んなことについて自覚的ではなかったけれども、当時の私は、多分「ぼく」が見ているのに似た、一つ一つがとても瑞々しい「世界」を見ていた。それは今の私が見る風景とは何か決定的に違う。

 「世界の果てを見るのはかなしいことでもあるね」


 そんな瑞々しい世界のただ中にいる「ぼく」をまぶしく眺めた。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 森見登美彦

2010-08-28

宵山万華鏡 : 森見登美彦

 古の百鬼夜行の都だもの。祇園祭の宵山だもの。何が起きたって変じゃない。通りにひしめく露店。山鉾を飾り、露地を照らす駒形提灯。祭りの賑わいの中から、ふと異次元の不思議な「宵山」に足を踏み入れた人たち。

 京都の町を摩訶不思議な妄想空間に変えてしまうことにおいては当代随一ではないかと思われる森見氏の手によって溢れ出す奇天烈な「宵山空間」。めくるめく色彩、化け物めいたモノども、もがいても抜け出せない、美しくも怖ろしい夢を見ているような光景が眼前に繰り広げられる。ストーリーはさておき、この溢れ出るイメージに身を浸すのが良かろう。
 
 信楽焼の狸。招き猫。金太郎の張りぼて。空を泳ぐ巨大な鯉。生きた金魚を封じた金魚玉。羽子板を振り回す舞妓に髭もじゃの大坊主。雑居ビルや町屋の屋上を回廊がめぐり、「超金魚」を奉った「金魚鉾」が町を睥睨する「偽祇園祭」と、この世のどこかでいつまでもいつまでも“永遠に繰り返す宵山”。

 色とりどりに賑やかな祭りの喧騒の中の、どこか物悲しく怖ろしい薄闇。大切な人の手を放さないように、気をつけてお行きなさい。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-04-03

新釈 走れメロス 他四篇 : 森見登美彦

 読む毎に“一筋縄じゃいかんなぁ”という思いが強くなる森見登美彦氏。

 『山月記』『薮の中』『走れメロス』『桜の森の満開の下』『百物語』・・・すべて、京都に住む腐れ大学生の話として書き直される。各話に登場する学生たちは互いにいくつかの出来事を共有する、うっすら顔見知りな間柄である。

 そんな学生達の極小の世界のふとした暗がりに、果てしない宇宙が口をあけているのがちらりと見えるような気にさせる。う~ん、森見マジック。

 自負と懐疑の中で大文字山へ走り、遂には天狗へと姿を変じた孤高の学生。自主制作映画「屋上」の真相は薮の中。二人の偏屈者の間の阿呆すぎる友情。満開の桜の下の何やら正体の定かでない怖ろしさ。百物語に集まった人々を見る血走った目。

 苦悩、絶望、焦燥、友情、滑稽、孤独、恐怖。

 文豪たちの短篇より森見氏が抽出したエッセンスが偏屈学生たちの七転八倒にまみれて、口あたりは優しいが味は濃厚。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-02-13

恋文の技術 : 森見登美彦

 京都の大学から、やわらかすぎる気骨を叩き直すため、能登の臨海実験所に送り込まれた男子大学院生・守田一郎。

 寂しさにまかせ、守田一郎は手紙を送り続ける ・・・ 恋に悩み“外堀を埋める友”へ、守田を苛め倒す先輩“私史上最高厄介なお姉様”へ、かつて家庭教師をしていた“みどころのある少年へ”“偏屈作家・森見登美彦先生”へ、兄を心配する“心やさしき妹”へ。友には恋のアドバイスを、最凶の先輩には一矢報いんとの心意気を、少年には大人の知識と良識を、作家には小説のネタを、妹には兄の大きさを・・・。

 守田一郎は決して弱音を吐かない。この大量の手紙による『文章武者修行』は、いつの日か『恋文代行ベンチャー企業』オーナーへと成り上がるための布石なのだ。

 ・・・などと・・・大言壮語を吐きながら、文通相手の阿呆さ加減に怒りながら・・・ 守田一郎は途方に暮れている。


 夜に不安になって眠れなくなると、商店街の書店でおじいさんから借りてきた古い映画のビデオを見たりします。映画が終わると、いっそうやりきれない気持ちになる。寝ようとしても、いろいろとよけいな考えが湧き上がってきて困ります。未来が見えない。 ~『偏屈作家・森見登美彦先生へ』


 途方に暮れる自分に密かに抱く忸怩たる思い。

 この忸怩たる思いを気取られまいと、なにしろ強がりながらも、ぽろぽろ漏れ出してしまう守田一郎の心に、その途方に暮れっぷりに、きゅ~んとくる小説である。

 でも世の中には、こういう切ない思い出をもつ人がたくさんいる、ということを知っているだけで何だかホッとしませんか。少なくとも、先生はそういうお話をたくさん知っていて、それは先生の財産です。 ~ 『続・見どころのある少年へ』



 半年間、能登の地で迷走に迷走を重ね確立した「恋文の技術」は、十一月十一日大文字山に奇跡を起こすのか?

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2009-08-19

美女と竹林 : 森見登美彦

 いったい、この人は・・・臆病で繊細な兎ちゃんなのか、大胆で人を食った狸なのか・・・。両者ミックス・・・なんだろうな。ふるふると震えているかと思うと、意外に狡賢い手で打って出る兎。楽しげに浮世を渡っているかに見せかけて、自分で自分の首を絞めたりしてる狸。


 机上で事件を起こし続けた妄想家・登美彦氏は、遂に現実世界に事件を起こし人気文士となる。妄想家の人気文士は、自らの将来を見据えた「多角的経営」~「竹林経営+美女」のあらましをエッセイにしたためることを計画。

 しかし、氏が現実世界に起こした事件の数々およびその余波 ~ 文学賞受賞、マスコミの取材、サイン会、テレビ出演、締切、締切、締切・・・ ~ は、ご本人の管理能力をはるかに超えた荒々しさで襲ってくる。なす術もなく押し流される登美彦氏。

 竹林経営どころか、まったくもって、大好きな竹林に赴く暇も無い始末。(それでも、美女にはちゃっかり会ってる人気文士。意図したのとは違う形だったかも知れないけど。)

 「美女と竹林」がテーマであったはずのエッセイは、早々と行き詰まり&破綻寸前の様相を呈してくるが、人気文士はそこを何とか妄想と詭弁でカバーしようとじたばたしてみる。

 汗をかきかき奮闘する痩せぎすな文士の姿が見えるようだが、既に破綻が見えている「竹」テーマで、あくまでも話を続けようとする(「美女」テーマは早い段階で放棄されている。もしくは巧妙にすり替えられている。)依怙地さは、文士精一杯の誠意なのか?

 それとも、この“あきらかに行き詰まってる風な感じ”すらフェイクであって、自虐的トーンで読者を魅了する文士の術中にまんまとはめられているんだろうか?


 ま、いずれにしても面白かったからいいか・・・と思う。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2009-03-07

有頂天家族 : 森見登美彦

 この話、何か感覚的に物凄くかぶる。若い頃、私の支えであったあの曲と。
 
 ♪ 人~生~は 大~はしゃ~ぎ 子~犬のように~ 無力~ ♪(筋肉少女帯『人生は大車輪』)

 何か哀しいんだけど、ポカンと明るい。

 
 「狸であったらだめですか」

 狸に生まれたとて、人間の娘に恋をすることもあり、狸に生まれた以上、鍋の具材となることもある。まさに狸生は大はしゃぎ、毛玉のように無力・・・。

 狸界を束ねてきた偉大な父・下鴨総一郎の想いと、母の大きな愛に包まれ、天狗を師匠として育った、矢一郎・矢二郎・矢三郎・矢四郎の下鴨四兄弟。責任感が強く真面目だが土壇場になるとメンタル面の弱さを露呈する長兄。引きこもりで蛙に化けたきり元に戻れなくなった次兄。史上未曾有に化け力がお粗末な「尻尾丸出し君」である末弟。「高杉晋作ばりのオモシロ主義者」である私・矢三郎。

 父の偉大さを受け継ぎ損ねた、ちょっと無念な四兄弟。無念だとて、無力だとて、今日も都の空の下でコロコロと生きている。

 この世は、人間と狸と天狗の三つ巴でグルグル回る大車輪。思うに任せぬ浮世だけれど、身体に流れる阿呆の血の欲するところに従って、面白おかしく生きるに如かない。目の端に困難を捕まえていたって、僕らはブーツをピカリと磨いて、笑って行くしかないのだ。

 ちょっと哀しい。ポカンと明るい。何だか泣き笑い。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ