2014-09-20

輝く日の宮 : 丸谷才一

『輝く日の宮』 丸谷才一

 先日読んだ宇月原晴明の『かがやく月の宮』のラストには、輝く月の姫君の物語に魅せられた一人の女性が、光り輝く貴公子の物語を書き始める場面が描かれた。で、こちらのタイトル『輝く日の宮』とは、『源氏物語』に存在したかもしれない幻の巻の名前。

 果たして、 『源氏物語』に幻の巻「輝く日の宮」は存在したのか?

 かなりな長編をけっこう夢中で読んだけれど・・・ 面白かったんだろうか? 私はこれを楽しんで読んだんだろうか? ん~? 曖昧である。たまたま、年明けから夏にかけて『源氏物語』を読んだところだったので、国文学者である主人公・安佐子が語り、考察する『源氏物語』成立に関するあれこれは刺激的だったし、『源氏』の読み方を教えられた部分もある。でも、もしこの夏、『源氏』を読んでいなかったらどうだったろう?

 主人公が国文学者ということで、『源氏物語』以外にも松尾芭蕉、為永春水、泉鏡花らの文学に関する知見、考察、感想、感慨が多く記されている。特に前半は『奥の細道』において、「芭蕉はなぜ東北に行ったのか」ということに費やされている。

 そういう文学的なあれこれに、安佐子の私生活~一人で過ごす時間や、女友達との交流、家族との会話、学会でのバトル、男たちとの色事がからんでくるのだけど・・・ この安佐子という女性にほとんど関心が持てなかったことが、読後感を曖昧にしているんだろうなぁ。

 安佐子が少女の頃に書いた短編小説(サスペンスのような、幻想小説のような)にからむ出来事が、折々に安佐子の現実の中に顔を出すのにも、何か作者の意図があるのだろうけれど、その意図も私には推しはかれなかったんだよなぁ~。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2014-06-21

朱黒の仁~壱~ : 槇えびし

『朱黒の仁』 槇えびし

 本屋の店頭で見かけた表紙絵の色合いに惹かれて購入。そういえば、この作者の作品、前にも一度表紙買いしたこがある。『きみにあげる。』という、こちらはBL作品。静かで艶めかしい色合いの表紙絵に気持ちがざわざわして、何か目がはなせなくなったんである。

 さて、あらためて『朱黒の仁』。真田信之、幸村兄弟の死に様を描くという。困った、真田幸村のことってあんまり知らない。子供の頃に見たNHK人形劇『真田十勇士』がうっすら記憶にあるくらいか。

 九度山に配流となった幸村のもとに大阪城の秀頼からの使者が訪れる。大阪城入城を決意する幸村と、九度山で育ち武士としての父・幸村と自分自身を知らない息子・大助の戸惑い。

 幸村入城を喜ぶ秀頼の前でその胸の内を吐露する幸村の涙。この作品のテーマとも重なる場面か。幸村の胸にある武人としての切ないまでの熱く激しい想い。激情を秘めた幸村の、そして父の激情を受け継ぐ大助の戦いが、どこか静謐さを湛えて描かれる。

 ところで、一巻発売から随分たっているのに続きの巻を見かけないなぁ・・・と思って調べたら、掲載誌の休刊などで何度か連載が中断していた様子。が、作者のブログによると今月から「Nemuki+」で連載が再開し、コミックも改めて1、2巻が来月発売されるとのこと。

 続きを読む前に、真田氏に関する予備知識とかちょこっと入れとこう。




「Nemuki+」版↓



FC2 Blog Ranking

theme : 漫画の感想
genre : 本・雑誌

tag : 真田幸村

2013-11-09

銀河鉄道の夜 : 宮沢賢治

『銀河鉄道の夜』 宮沢賢治

 中高生時代にやり残した宿題の一つ。太宰治の『人間失格』と同じく、夏の文庫フェアの時期になると無性に読みたくなって購入するものの、ひと夏読まずじまいで古本屋に売ってしまうということを何度も繰り返した一冊。

 新潮文庫版。群青色の星空にひかれた線路の上を列車が走る、学生の頃に馴染んだ表紙のものをブックオフで買った。

 
 小さく、素朴なものたちが、幸いを願って生きている世界。あまりにも小さく健気なその生命たちが思う幸いは、この世で何かの満足を得ることではなく、遠く遥かな星の中に瞬いて・・・

 「セロ弾きのゴーシュ」に、突然涙があふれてしまったのには、自分でもびっくりした。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2012-09-15

「少年ジャンプ」資本主義 : 三ツ谷誠

『「少年ジャンプ」資本主義』 三ツ谷誠

 中学から大学卒業の頃まで、どっぷり「ジャンプ」にハマったなぁ。『リングにかけろ』以降の車田マンガ、『北斗の拳』『ジョジョ』、あと『ウィングマン』に『キャプテン翼』も。ムチャクチャすぎる展開にあきれたり、腐的な読みをしたりしたことも無くはないが、それでも純粋に(特に中学生の頃は)マンガの主人公たちみたいに強く、誇り高く、カッコ良くありたいって燃えたよなぁ。

 『私が夢中になって読んだ『少年ジャンプ』って何? または、『ジャンプ』に夢中だった(今もちょっと夢中な)私って何?』

 1~2年ほどの周期で繰り返し頭をもたげる、未だ解決されないこの疑問。今年もまたモヤモヤと私の中に充満してきた。


 中世以来日本の社会を支えていた地域毎の静的で小さな共同体が崩壊し、ばらばらの個人となった人々が労働力として都会に流入していく ~ 日本における近代化の始まりを高度経済成長期におき、高度経済成長のただ中1968年の創刊以来『少年ジャンプ』に描かれてきたことと、読者である青少年たちが過ごしてきた時代を、「資本主義」を軸に論じた「ジャンプ論」。「資本主義」の成熟、拡大とともに変化する、『ジャンプ』に描かれる「努力」「勝利」そして「友情」のかたちを、『男一匹ガキ大将』『アストロ球団』『北斗の拳』『ドラゴンボール』『ONE PIECE』など、各時代の人気漫画で検証する。

 「神龍=株式会社」説(ドラゴンボールを集めた人間の望みを叶える神龍は、株式を多く握ったものの意志で活動する株式会社に類似しているという考え)には、“なるほど~”と思ったし(作者の鳥山明氏はそんなことは意図していなかったんじゃないかって気はするけど)、ひきこもり主婦として私がかなり社会に無頓着に過ごしてきた2000年代にグローバリズムがどんなとこまで行っちゃってるのかってことは、この本を読んで初めて意識したと言ってもよく、ちっとも近代化できていない自分自身にゾッとしたりして、そういう意味では為になった。

 でもね、ジャンプマンガ論として読むと、ちょっとしょぼくれた気持ちになってしまうのだ。私が憧れて、夢中になったジャンプマンガやその主人公たちの活躍も、結局は時代や社会という釈迦の掌の上・・・って見せられてるようで。ジャンプマンガを心の友としてそれぞれの時代を過ごした私たちはもちろんとしても、夢であり、憧れであったマンガの世界もまた、現実から生まれたその一部であったかと。

 そりゃあ、夢や理想といった美しいものを描き、壮大な神話的世界を物語るマンガだって、現実にガッチリ組み込まれたものではあるんだろう。そうやって現実の中で読者に寄添ってくれるものだからこそ意味があるとも言えるのかもしれない。 

 でも・・・ かつてそれらのマンガに夢中になった(今でも愛読している)大人が、無邪気にそれを指摘しちゃうのは・・・野暮・・・なんじゃないかなぁ。どうせそれ言っちゃうなら、むしろ悪意をもって・・・という方が誠実なんじゃないかという気がするのだけど。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2012-08-11

第2図書係補佐 : 又吉直樹

『第2図書係補佐』 又吉直樹

 読書界の救世主・アイドルとして、業界の期待をずっしり背負わされていた感じのする又吉さん。「国語の便覧」という言葉を、「いいとも」か何かで本の紹介をする彼の口から聞いた時、何だか青酸っぱく懐かしい気持ちがこみ上げ、食道のあたりが“きぅっ”とした。

 『尾崎放哉全句集』『夫婦善哉』『何もかも憂鬱な夜に』『巷説百物語』『江戸川乱歩傑作選』『蛍川・泥の河』『香水 ある人殺しの物語』『あらゆる場所に花束が……』『人間失格』『リンダリンダラバーソール』『パンク侍、斬られて候』『異邦人』・・・どの本も、もしかしたら他人には理解されづらいかもしれない又吉さんのパーソナルな体験、思い出、妄想にしっかり結びついて又吉さんの中にしまわれている。それは誰のものとも違う又吉さんだけの本との結びつき。読書量に見合うだけの体験と思いの量・・・“ああ、すごく豊かな読書をされてきたのだなぁ”と羨ましい。

 又吉さんて・・・アイドル、救世主というよりも、読書界においてはもっときっと無垢で充足した存在。・・・・・・読書の森の妖精?




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2011-09-17

鼓笛隊の襲来 : 三崎亜記

『鼓笛隊の襲来』 三崎亜記

 赤道上に発生した戦後最大規模の鼓笛隊が列島を縦断する。本物の「象さんのすべり台」が建つ郊外の分譲地の公園。家のどこからも辿り着けなくなった二階の窓に見える夫の姿。そこにあるのに誰にも見えていない校庭の中の家。「日常」の裂け目を押し広げる奇想の短編集。

 自分の持っている記憶が本当のことで、それが不変であるとは限らないということ。隣にいる人と同じものが見えているとは限らないということ。世界の秩序はぐるりと変わってしまう可能性があるということ。そこにあるものが見えず、ないものが見えることがあるということ。・・・それは色んな人が言っている。いろんな本で読んだ。でも、私はまだそこまで追い詰められてはいない。だから本当にそうなのかはわからない。でも、やっぱり・・・それは、そうなのかもしれない。

 直視するのは怖ろしく、とりあえずは直視する必要もなく、ただ視界の端を何となくよぎる~そんな日常の中の異物・不穏。「日常」の危なっかしさにさらされる作中の人物たちの、諦めと強さの混ざった不安定な心持ちに、さぁ~っと皮膚をなでられたような・・・感じ。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-09-22

人魚は空に還る・世界記憶コンクール : 三木笙子

 心がバテ気味な時は、しばし逃避先を提供してくれる本を探す。

 ページを開いた途端にストンと物語に落ちていけるような魅惑の世界、あまり難しいこと考えなくても良くて、読んでる途中で醒めてしまう心配なく身を委ねることができて、適度にドキドキ、ハラハラしつつも、悪意なんて一切無い世界に安らげて、ちょっと甘い気分に胸を疼かせることができて、読み終えたら少し気持ちが澄んでいるような本はないものか。

 そんな所に、訪問先のブログで目にしたのがこの作品。“これは・・・よさそうだ”


 貧乏暇なし弱小雑誌社の好青年記者・里見高広と、そのワガママな友人~描く絵も本人も超美麗、帝都一の腕と人気を誇る絵師・有村礼が遭遇する帝都の不思議。

 友情というにはウブ過ぎて、若干甘い香りすらする絆で結ばれた、見栄えのいい男二人にどっぷりハマるつもりで読み始めたのだが、気が付いてみると、何故か高広のお義父上・里見基博卿に夢中であった(笑)。だって、若い主役二人に比べて余裕のある大人の魅力。それでいて、養子の高広に対する若干ゴリ押し気味な執心ぶり。・・・何かイイんだもの。

 舞台は、江戸も遠くなりつつある帝都・東京。「帝都」・・・そう聞くだけで、もう気分は勝手にうっとりしてしまう。華やかで、猥雑で、色んな人の想いを呑込んだ、もう決して届かない過去の街。

 帝都に起こる不思議な事件。謎解きに乗り出す高広と礼 ~ 事件発生に嬉々としているのは“高飛車なワトソン”礼であり、“腰の低いホームズ”高広は、礼に尻を叩かれ走り回らされているのである。探偵・高広と相棒・礼に窮地を救われる天才少年。可憐で強い少女たち。探偵・高広のライバル? 美意識の高い怪盗登場(これも、探偵にライバルの怪盗はつきものだとワクワクしているのは礼である)。そして、若者二人の活躍を見守る、懐の深いオジサマたち。

 多少誤解を恐れながら言えば(汗)・・・その世界観や読後感は、本仁戻氏の『探偵青猫』(6巻はまだか?!)と似てる・・・かも。


 不思議の裏に隠された人の想いを、高広が暖かく、澄んだ目で解きほぐしていく・・・

 “美しいもの”を愛し、“美しいもの”を心に灯し続けようとする高広と、高広のその心意気を愛する礼の友情が清々しく、読後、少し背筋を伸ばしてみようか、という気持ちになれる。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-02-27

歌舞伎ゆめがたり : 水原紫苑

 舞台の上に居るのは、遥か時の彼方にいる者たちの魂を宿らせた美しい役者。物語に閉じ込められた者たちと、今、この空間にいる役者の二重写し。

 時間も、空間も、強力に歪み、弾け散る寸前のパワーを内包したその世界。時空を超えた魂は、役者の身体をかりて舞台の上の空間を侵食し、その侵食が見る者の心に及んだとき・・・舞台の先に幻の物語を見る。

 勧進帳、先代萩、四谷怪談、忠臣蔵、鈴ヶ森、桜姫、籠釣瓶・・・

 幻視された物語は、時に、定められた物語を演じる舞台の上の魂たちが、周到に隠したもう一つの物語のようでもある。

・・・

 著者が見た幻の世界にすっかり同調し、浸ることはできないが、ここに綴られた世界は、歌舞伎がもたらすトリップ感を、舞台を観て感じるのとはまた別の形で体験させてくれる。 

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-01-30

隠喩としての少年愛 : 水間碧

 「耽美小説」と呼ばれていた頃から、私自身、好んでちょくちょく「BL」作品を読むので、そういったものを好む女性の心理にはちょこっと興味がある・・・というか、「なぜ私はBL作品を好んで読むのか?」ということが気にかかる。

 本書は女性の「少年愛嗜好」について、それがどのような形で女性の中に存在し、また女性の心の中でいかなる働きをしているのかを、小説や少女マンガなどに現れる「少年愛嗜好」を元に考察した論文。

 森茉莉、萩尾望都、竹宮恵子、山岸凉子、井亀あおい(この方については、私は存在を知りませんでした。)、大原まり子らのテクストを引き、精神分析、心理学的な言説も用いながら、「少年愛嗜好」は“母なるもの”(現実の母親とは必ずしも一致しない)から分離、自立する際の葛藤の中で生まれ、様々に機能するものであると説く。

 amazonのサイトに掲載された内容紹介には

作家森茉莉の少年愛小説、「花の24年組」と呼ばれた少女マンガの諸作品、ヤオイ現象を演出した同人誌や最近のボーイズラブ文化など等。その他、海外の事例も取り上げ、この現象の本質をトータルに解き明かす。


とあるが、本書で著者が定義する「少年愛嗜好」とはかなり限られた範囲のものであるように思える。例えば、そこには近頃の「BL好き」は含まれない。著者は「少年愛嗜好」を心理的なファンタジーであるとし、それが純粋な形で現れている24年組の作家たちによる少女マンガを中心に本論を進めている。その後に続く所謂やおい作品やBL作品は、マスコミや評論家たちの言葉によって当事者たちの「少年愛嗜好」の在り様を歪められてしまった上での作品、または商品としてのエンターテインメント性に重きをおいたものとして、本論の対象からは外されている。
 
 また、内容について言えば、「少年愛嗜好」が“母”からの自立に関るものだとするその根拠、そこに到る考察、現象の分析がここに十分に書き尽くされているとは思えない。『普遍的に少年愛嗜好は、当事者にとって心理学的には“母”からの自立のスプリングボードの役割があったと考えられる。』という着想はどういう道筋で導き出されたのだろう? まさか直感という訳でもないだろうが、その提示のされ方があまりに唐突だ。・・・というか、著者は「詳しく論じた」と言っていることが、どうも概論に過ぎないように思える。
 
 さらに、「少年愛嗜好」について、著者と考えを異にする文化人、評論家らの言説に対する反論、批判にもかなりの分量が割かれているが、その批判も多少狭量すぎるところがあるのでは?と思えなくもない。

 例えば、橋本治氏のエッセイでの

 「“女のオタク”はいるか?」ということになったら、いる。ヴィスコンティの好きな女とか、少年愛の好きな女とか。まァ、ミュージカルとか小劇場とかあんまりはやらない歌手のコンサートがやたら好きでこまめに行く女というのもそれだろう。今じゃあんまし聞かなくなったが、昔だったら、会社の金をチョロまかして宝塚につぎ込むオールドミスとかもそうだ。
・・・
 女のオタクはいかに女の子が世の中から無残に傷つけられているかの結果でしかない。


 という記述について。

 特定の女性達を嘲弄しながら、もう一方で~略~あたかも相手の気の毒な立場を理解し、同情しているかのようにみせかけられている


 と述べられているが、橋本氏の言葉は「女性のヴィスコンティ好きや少年愛嗜好は、社会の中で傷つき葛藤する女性の心の様相だ。」というようにも読め、著者の主張と共通するようでもあるのだが・・・。“会社の金をチョロまかす”とは確かに穏やかではないにしても、著者は何をもって「嘲弄」ととったのだろう? ここに引用された部分だけでは、前後の文脈や「オタク」の定義が解らないが、その文章に嘲弄の意図があるかどうかは、もう少し慎重に読まなければわからないのではないか?

 ともあれ、このような他の言説に対する批判、反論に費やした分量を、ご自身の考察の詳しい記述にあてれば、さらに充実した論文になっただろうと思う。


 だが結局、私が興味があるのは、著者が対象としなかった少年愛嗜好~「翼」「星矢」以降の同人誌、やおい、BL作品で描かれた少年愛、男性同性愛や、それを好む心理についてなのだ。本論ではバッサリ切り捨てられてしまったが、そういう嗜好もまた無意味ではないはずだ。

 著者は「自分の問題」としての少年愛嗜好について論じた。私も、自分の問題は自分で考えなきゃいかんのだろう。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2009-10-21

現代マンガの冒険者たち : 南信長

 「ビジュアルの変革者たち」「Jコミック」「ギャグマンガ」「ストーリーテリング」「少女マンガ」という章立てで、60年代後半・70年代あたりから現在までのマンガの系譜をわかりやすくまとめてある。

 各系統の中で目覚しい仕事をしている作家やエポックメイキングな作品についての解説とあわせて、その周辺につらなる作家・作品が紹介される。

 作品の傾向別に各系統の中での作家たちの位置取りをマッピングした図なんてのは、ちょっと乱暴な気もするけど、とてもじゃないが出版されるすべてのマンガを読めるわけじゃないモンにとっては、一つの資料として参考になる。

 著者の言うとおり、これはマンガ評論とかマンガ研究といったものではなくて、どの辺を探せば自分が「面白い!」と思うものが見つかるか~そんなところをナビゲートしてくれるマンガ好きの為のマンガガイド。

 この本読んだ後、高野文子の作品が読み返したくなり、中野シズカの「刺星」が「読みたい漫画リスト」に加わり、気になっていた浅野いにおは“ん~ 読まなくてもいいかなぁ~”なんて思っている。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ