2017-09-23

存在しない小説 : いとうせいこう編

『存在しない小説』 いとうせいこう編

 「『存在しない小説』っつったって、実際ここに印刷されて存在してるし、今わたしそれを読んでるし・・・」と思ったのだけど、まさに「そういうこと」を云々する作品だったようだ。

 目次には、どうも怪しい作者とどうも怪しい翻訳者の名前が記された作品が並ぶ。それぞれの作品の後には「編者解説」が付され、つい今まで読み、味わっていた小説の「存在」を問うてくる。

 そういえば、いとう氏と奥泉光氏が文学について語り合った『文芸漫談』の中に、〝形としては紙に印刷された文字様のシミの集合である「小説」って何なんだ?”っていうような話があったと思うけど(随分前に読んだものなので記憶が曖昧)、この作品はその問いを読者として体感するための仕掛け。

 「小説」はどんな次元に存在するのか・・・?

 紙に印刷されたシミを小説たらしめる読者の中の翻訳者。一昨年、伊藤計劃・円城塔の『屍者の帝国』を読んだときにこんなことを感じて以来、「読者としての私」の前にいる「翻訳者としての私」の存在を多少意識するようになっていたので、そのあたりの感覚を刺激されつつ興味深く読んだ。

 でも、そういうコト抜きにしても、それぞれの作品は一つ一つ味わいの濃い短篇小説として楽しめました。


  

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2017-09-09

関ヶ原

『関ヶ原』 監督:原田 眞人

 とにかく平岳大さんの島左近がカッコ良すぎた。渋すぎた。美しすぎた。

 この映画の何が見たかったかって、「岳大さんの島左近っ!」だったので、期待どおりの素敵っぷりに大満足。胸いっぱい。


 ・・・で、島左近はおいといて映画としてどうだったかというと・・・・・・一人一人の俳優の演技はいいし、関ヶ原で激突する武将たちの人物像もいろいろと作りこまれているんだけど、その人物たちが集まって生まれるべき大きなドラマの流れというかうねりが弱い。細部にいろいろ詰め込んだ結果、全体が散漫になってしまってる気がする。

 西軍を率いる石田三成~岡田くんが丁寧に演じれば演じるほど「やっぱり家康と天下を争う器じゃない人」になる気がする。個人的な理想と誠をつらぬく「義」の人ではあるけれど、大勢の人に向かって「正義」をぶち上げるほどの曲者ではないもの、三成。関ヶ原の戦いってきっと「正義」vs「野望」なんて単純な構図ではないんだろうに、そういうフレーズを宣伝文句にしてしまったのはせっかくの作品の質を損ねているような気がする。

 あと、皆さんお国訛りが凄すぎる上にしゃべりがマシンガンなんで何言ってんのかわかんない=何が起こってんのかわかんない。この映画観に来てるのは殆どが歴史好きの方であろうから、少々台詞が聞き取れなくてもどういう場面なのかは了解しておられるのだろうが、私は加藤清正ら七人党と三成のいざこざのくだりなんて、去年『真田丸』観てなかったらわかんなかったと思う。

 ・・・てな感じで、多少の不完全燃焼感はあるんだけど、もう一回、島左近を見たいなぁ~。あと、近いうちに原作も読みたい。

FC2 Blog Ranking

theme : 映画感想
genre : 映画

2017-08-26

大江戸国芳よしづくし : 崗田屋愉一

『大江戸国芳よしづくし』 崗田屋愉一 

 武者絵で名を馳せる浮世絵師・歌川国芳。その国芳の若かりし頃~兄弟子たちの下でその腕をもてあまし気味に暮らす鬱屈した日々と、やがて迎えるブレイク前夜まで。

 国芳の支援者・プロデューサーとして長く友情を結ぶことになる遠州屋佐吉との邂逅。同時代のヒーロー七代目團十郎や鼠小僧次郎吉が絡んだ切ない人情話の中に、江戸の人々の思いをとりこんで次第に生き生きと力強く花開いていく国芳の絵と才能が、勢いある筆致で気持ちよく熱く描かれる。

 ちょんまげ男たちが色っぽくて困る。特に佐吉さん。迫力ある三白眼に大ぶりな鼻と口、引き締まった全身の肌に彫った九紋龍の刺青。凄いくらいの滴る色気。参った。




 こちらもよかった↓
 『ひらひら 国芳一門浮世譚』・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-650.html



FC2 Blog Ranking

theme : 漫画の感想
genre : 本・雑誌

2017-08-12

生きるとは、自分の物語をつくること : 河合隼雄・小川洋子

『生きるとは、自分の物語をつくること』 河合隼雄・小川洋子

 「人が生きている」ことの周辺にあるもの、そこで起こることについて、臨床心理学者・河合隼雄氏と作家・小川洋子氏が語りあう。

 「物語」というものを意識しながら交わされる対話。臨床心理の仕事の現場や小説を書くという行為の中に身をおかれているお二人の間には、対話の中でおそらく互いにスパークするように瞬時に何事かが了解される瞬間が幾度かあったのだろう。書き起こされた文字だけを読んでいるとなんだか急に言葉と言葉の間が途切れ、話が飛躍しているように見えるところがある。

 一見、言葉が飛んでいるように見えることで、逆にそこに言葉にならないお二人の間の瞬時の了解、共感、通じあう何かが生まれていたことが感じられるのだ。

 二度目の対談で交わされた「ブラフマンというのはユングが大好きな言葉ですよ。」「今度はあの作品(『ブラフマンの埋葬』)の話からしましょう。」という約束の後、河合氏が倒れられ、そのあとには小川氏による「長いあとがき」が収められている。寂しさ、喪失感とともに、いまも河合氏の笑顔に見守られているかのような穏やかさの感じられるあとがきだった。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2017-07-22

僕らの歌舞伎 先取り! 新・花形世代15人に聞く : 葛西聖司

『僕らの歌舞伎  先取り!  新・花形世代15人に聞く 』 葛西聖司

 読みながら、「長生きしたいな」と思う。

 尾上松也、中村梅枝、中村歌昇、中村萬太郎、坂東巳之助、中村壱太郎、坂東新悟、尾上右近、大谷廣太郎、中村種之助、中村米吉、大谷廣松、中村隼人、中村児太郎、中村橋之助。現在20代から30代前半の彼らの20年、30年後・・・40代、50代になっていく彼らをみていたい。

 今まさにほころび始めた歌舞伎の若手花形15人の「今」の言葉を聞くインタビュー。中でも印象的だったのは、歌昇さんの覚悟と男気、巳之助さんの硬骨ぶり、壱太郎さんの身の内に持って生まれているかのような華やかさ、右近さんの情熱的かつクレバーに役に取り組んでおられる姿勢、ストイックすぎるくらいに自分を追い込んでいるように見える児太郎さん、種之助さん、廣松さんの「弟」っぽさ(笑)。

 特に種之助さんってホント「弟」キャラ。兄の姿を見ているのである意味要領が良くて、兄の領域には侵入せず、かといって兄とかぶらない隙間を探しているような窮屈さはなく、割とのびのびと自分の世界を探っていっている感じ。

 種之助さん、廣松さんの「弟」っぽさにニヤニヤしながら、ふと七之助さんのことを思った。やはりかつては中村屋兄弟の「弟」キャラであった七之助さん。いつのまにか「弟」的立ち位置を脱却して、中村屋を背負う一人の男として大きく、逞しく、美しくなられたよなぁ。

 もひとつ最後に、「ワンピース歌舞伎」で大興奮させてもらった隼人さん。イケメンすぎる容貌からイマドキのスマートで優しげな青年をイメージしていたのだけど、意外にもインタビューから感じるのは骨太で獰猛なまでに前のめりな若者の姿。そう思ってみると、サンジって中身もふくめて隼人さんにぴったりの役だったんだなぁ。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2017-07-08

ゆるりと江戸へ-遠眼鏡戯場観察 : 大原雄

『ゆるりと江戸へ-遠眼鏡戯場観察』 大原雄

 タイトルが良かった。

 『「歌舞伎の幾何学の勧め」-ひと味違う歌舞伎の見方』という口上で始まる本書。歌舞伎役者・中村時枝が舞台裏や楽屋から描いた役者絵を見たことで得た「違う場所から観れば違うものが見えるはず」という気付きをもとに、著者流の「幾何学」を使った歌舞伎「観察」指南書といったところを目指しているようだが・・・。

 「幾何学」というほど大層なものではなく、大道具・小道具といった舞台上に配された「点」、観客と役者を結ぶ「線」、舞台上の人物の関係性と観客を繫ぐ「多角形」、舞台上の時空を分ける幕という「面」・・・などの図形にことよせて、著者自身の歌舞伎の楽しみ方や気づきを思いつくままに記した雑記という感じ。

 一歌舞伎ファンの観劇雑記としては、劇場内の音や、色彩や、仕掛けに触れてこみ上げるワクワク感など、ふむふむと共感を寄せながら読むことができるが、読み漁っておられるらしい歌舞伎関係の書籍からの知識がそのまま透けてみえるような部分はあまり良い感じはしない。

 「鑑賞」への一助として、著者は双眼鏡などをつかって舞台上の細部を「観察」することを勧めておられるのだが、私は「好きな役者の顔がど~しても見たい!」という場合以外、オペラグラスなどは使わずに観ることにしている。オペラグラスなどを使うとどうしても視野が限られてしまって、舞台全体を観て楽しむことができない。毎月歌舞伎座通いができるならいざ知らず、年数回博多座での公演を観る機会しか持てない私は、双眼鏡で細部を観察するよりもやはり舞台全体を観たいと思ってしまう。

 観劇初心者といえども、好きで芝居を見ているものにはそれぞれ自分なりの見方、楽しみ方というものがあるんであって、正しい知識というものは必要だろうと思うけども、何をどう見るかについてまで色々意見されるのは・・・まぁ、余計なお世話っちゃあ、余計なお世話。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2017-06-24

愛の国 : 中山可穂

『愛の国』 中山可穂

 舞台の上でだけ息をする美しい生き物・王寺ミチル。美しいもの、愛するもの、恋しいものを前にした彼女はあまりにも純粋で切実で激しくて、その激しすぎる情熱で自らの身も心も生きる力さえもぼろぼろに焼き尽くしてしまう。

 『猫背の王子』では、そうやって美しく激しく燃え尽きていくミチルの姿が描かれ、続く『天使の骨』で彼女は漂白の旅の末、運命の女に出会い、自らのあるべき場所へ戻ってゆく力を得た。

 その後・・・。王寺ミチルを主人公とした物語の完結篇となる本作が出ていることは知っていたのだけど、穏やかな幸せとは程遠く、また傷だらけで厳しい茨道を歩いているに違いないミチルさんの姿を見るのが恐くて、辛くて、なかなか読むことができないでいた。

 そして・・・。運命の女・久美子と極上の舞台を生み出していたのであろう数年間の後、ミチルは記憶を失って倒れていた。

 桜の花びらに埋もれ、墓石を掻き抱くようにして倒れているミチル。夢か幻か・・・というような儚くも鮮烈な冒頭の場面であるが、物語は夢や幻ではなく、否応なく現実の中で生かされるミチルを描く。そして少しずつ確実に悪くなっている日本の現状を思うと、ミチルが対峙する悪夢のような現実は、作者が危惧するようにこの国の将来の姿でないとは言い切れないのかもしれない。それでも作者は、いくつかの美しいものを物語の中に描き入れてくれている。

 ミチルさんの物語は本当にこれで終わりなんだろうか? いつかまた、私たちの前に帰ってきてくれるのではないか・・・と思ってしまうのだけど。

  

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2017-06-10

天才と名人 中村勘三郎と坂東三津五郎 : 長谷部浩

『天才と名人 中村勘三郎と坂東三津五郎』 長谷部浩

 劇評家として、また友人として十八代目勘三郎さん、十代目三津五郎さんと親交のあった著者が、お二人の遺した足跡、言葉、思い出を噛みしめるように語る。お二人を喪った著者の哀しみ、惜しむ気持ちがしみじみと胸に迫る。

 勘三郎さん、三津五郎さんの姿が目の前に蘇ってくるような文章を目で追いながら、頭の中には、ほんの少ししか観ることはできなかったけれども、忘れがたいお二人の舞台が浮かんでくる。

 歌舞伎というものを意識する前から勘三郎さんのことはTVで見ていた。勘九郎時代からTVではご一家を追った特番がしょっちゅう組まれていて、小さい勘太郎ちゃん、七之助ちゃんの可愛さもあって、私はこのTV特番を見るのを楽しみにしていた。私が歌舞伎を観るようになったのも、ひとつには勘三郎さんのおかげだ。

 勘三郎さんの舞台では忘れられない体験をした。平成二十一年歌舞伎座さよなら公演・八月納涼歌舞伎『怪談乳房榎』の上演中、震度4の地震が起きた。建替え前の歌舞伎座、私のいた三階は大きく揺れ、あちこちで悲鳴が起き、出口に向かって席を立つ人の姿も見られた。客席にわいた不安と恐怖、パニック寸前の緊張感に私も座席で身を固くしていたが、舞台の上で勘三郎さんは「久しぶりのお酒のせいで何やらユラユラ~」と笑ってくれた。その瞬間、客席を覆いかけていた黒いモノが雲散霧消した。不安と恐怖は祓い、鎮められて皆が平静と笑いを取り戻した。藝能者の力、その凄味を体感した一時だった。

 三津五郎さんを知ったのもTVから。八十助時代に司会をつとめておられた『ワーズワースの庭』『ワーズワースの冒険』。素敵な大人の紳士が進行する番組がとても心地よかった。当時は粋とか洒脱とかいう言葉を思いつかなかったけれども、多分言葉にならないなりに、そんな空気を感じていたんだろう。

 端正なイメージのある三津五郎さんだけど、平成二十年の納涼歌舞伎で観た『らくだ』遊び人の半次・・・バカバカしいことをやると底抜けに可笑しかった。翌平成二十一年の納涼『六歌仙容彩』では茶汲女・お梶の勘三郎さんとの火花散る踊りを観た。生の舞台ではないけれどシネマ歌舞伎『怪談牡丹燈籠』では円朝・三津五郎さんが高座にあがったところで思わずスクリーンに向かって拍手してしまった。

 私を幸せな気持ちにさせてくれた舞台の裏に、私の知らないたくさんの、たくさんの、たくさんの、ことがあったのだと思うと、小賢しいことを言ったりしたのが恥ずかしい。もうお二人の舞台を観ることができない寂しさはどうすることもできない。せめて、これから観ることのできる舞台は、小賢しいことなど考えず全身で全力で楽しみたい。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2017-05-27

風の如く 久坂玄瑞篇 : 富樫倫太郎

『風の如く 久坂玄瑞篇』 富樫倫太郎

 先日読んだ『風の如く 高杉晋作篇』の前にあたる作品。松陰の処刑後から蛤御門の変まで。「久坂篇」とはなっているが、前半はむしろ高杉晋作の言動の方が目立つし、久坂の目線、主観でストーリーがすすむわけではなく、シリーズを通して配された風倉平九郎という人物の目を通して語られる群像劇という趣。

 登場人物たちの心情にあまり踏み込まず、作者の解釈や思い入れをたっぷりと織り込むこともなく、淡々と起きた出来事と人々の行動を語る書きぶりは少し物足らないとも思えたが、そのさらりとしたところが嫌味のない読みやすさとなっているのかもしれない。よけいな味付けなしに素材を自分なりの楽しみ方で味わえる・・・という。

 しかし最後の「蛤御門の変」ではさすがに濃い色が滲みだす。周囲で繰り広げられる戦闘の銃撃、砲撃、剣戟、燃え盛る炎の音を背景に、戦には向かない玄瑞の人となり、それでも内裏に進撃し何かを成さねばと足掻く姿が鮮烈に描かれる。無惨な敗戦の中から生き残ろうと歯を食いしばる平九郎たちの志は「高杉晋作篇」へとつづく。

『風の如く 高杉晋作篇』・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-768.html



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 高杉晋作

2017-05-06

厭な小説 : 京極夏彦

『厭な小説』 京極夏彦

 京極さんが「厭な小説」と言うからには本当に厭なモノなんだろうと思った。ならば、わざわざ「厭な」とことわってあるものを、読まなきゃいけないだろうか? さらには、京極さんが「厭な」と言ってるモノを受けとめる気力、体力が私にあるんだろうか? そんなわけでずっと読むのをためらってきたのだが、京極さんの書くものだから「厭」だけではないだろう、と意を決して読んでみた。

 はたして・・・厭だ。これは厭だ。しんどい。でも、ちゃんとエンターテイメントとして成立してた。もっとも、エンターテイメントであるかどうかなんて受けとめる人次第ではあるけれど。例えば、世の中では歴としたエンターテイメントとして通ってるホラー映画や絶叫マシンは、私にとってはただただ腹立たしいまでに嫌なものでしかないし・・・。

 でもねぇ、見返し、目次・・・と頁を捲っていくと、ご丁寧なことに第一篇「厭な子供」の扉頁のノドのあたりに、読書中にまぎれこんだらしい蚊の死骸がぺしゃんこになって貼りついているのだ。目にした途端、「ああ・・・」と、がっかりするというか、哀しいというか、萎えるというか、それでいて懐かしい、何とも言えぬ気持ちになる。これはやっぱりエンターテイメントだろう。

 ただ、二つだけエンターテイメントとして受け入れるにはきついものがあった。一つは「厭な子供」の中で、語り手の妻にふりかかる出来事。女性としてはやはり辛い、受け入れ難い。もう一つは作中に登場する嫌な上司・亀井部長。最後の一篇「厭な小説」での彼の言動のまあ不愉快なこと! あまりのヒドさに、あやうく読むのやめてしまうとこだった(苦笑)。冷静になって考えてみれば、それだけ感情をゆさぶられたってこと。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ